MENU

借金の時効で返済を逃れることは出来るの?

今、あなたは借金に苦しんでいますか?

 

それとも、誰かに貸した借金で、時効がきそうな借金があり、
取り返せないか悩んでいますか?

 

借金というものは、定められた条件にしたがって返済をするのが、
借りた側の義務であるわけですが、なんらかの利用で返済がとどこおったままになってしまい、

 

貸した側からも特に催促をせずにそのまま時間が経過してしまうということもあります。

 

こうした場合、多年にわたって催促もしないということは、貸した側もその状態を認めたと
実質的には同じことですので、

 

何十年も経過してからいきなり借金返済の催促をするようでは、
借りた側の平穏な生活が乱され、かえって法的な安定性を阻害することにもなりかねません。

 

そこで、もしも借金があったとしても、返済せずに一定の期間を経過すれば、
時効という制度によって、その借金はなかったことになるのですが、
これには実はさまざまな条件をクリアしなければなりません。

 

借金が時効になる条件

 

まず、時効という制度があったからといって、借金が自動的になくなるのではなく、
援用といって、借りた側が時効にかかっていることを裁判の場などで申し立てなければなりません。

 

また、時効の期間が経過するまでの間に、貸した側から督促があったり、
あるいは条件には満たない少しの金額だけでも借りた側が返済していたというのであれば、

 

そこで時効までの期間のカウントがリセットされてしまうため、単純に借りた日から時効までの
期間を計算すればよいというものでもないのです。

 

このように、借金の時効を考える上では、さまざまな法律上の要件を
検討しなければなりませんので、

 

弁護士のような法律問題のプロに相談をするのがもっともよいといえるでしょう。

 

>>無料且つ匿名で借金相談できる弁護士<<

 

貸金業者などからの借金であれば、この時効の期間は5年というのが原則ですが、
このような複雑な条件があるため、契約から5年逃げ切れれば時効だといった
安易な判断は命取りとなります。

 

現在ではネット経由で全国を対象とした弁護士サーチが可能であり、
借金問題にくわしい弁護士もおおぜいいます。弁護士に事情をしっかりと相談した上で、
場合によっては民事訴訟などの手段による解決を模索すべきです。