MENU

借金踏み倒しの方法とリスク

借金をするというのは、専門的には消費貸借契約とよばれる契約を結んだことになりますので、相互の信頼関係にしたがって、あらかじめ返済の条件として決められた期日と金額を、確実に返済しなければならない義務があります。

 

借金の踏み倒しは難しい?

こうした借金を返済しないで、借りたままの状態で放置することが、いわゆる踏み倒しになりますが、特に相手が貸金業者などの場合には、こうした踏み倒しがやすやすと実現するとは考えないほうがよいといえます。

 

借金を踏み倒すという場合には、まずは貸金業者の目の届かないところに移住をするなどして、相手との連絡がつかない状態にした上で、時効にかかる期間を待つという方法が一般に考えられますが、これには大きなリスクがあります。

 

まず、時効というものは、借金の契約をしてからの期間がそのままカウントされるわけではなく、業者からの督促などのアクションがあれば、そこで中断されてしまうという性質をもつものです。

 

したがって、一定の年限が過ぎて踏み倒しに成功したものと錯覚して、裁判のなかで時効の援用をして負債を帳消しにしようとしても、実は法律上の支払い義務は残ったままであったということが考えられるわけです。

 

その場合、遅延利息としてかなりの金額が上乗せされているはずですので、まっとうな方法で返済していたときの何倍もの金額を返済しなければならなくなるというリスクがあります。

 

また、そもそも時効を議論する以前の段階で、業者のほうから裁判所への訴えがあり、不動産や自動車などの差押えが実行されるかもしれず、たちまち生活の基盤を失ってしまうことにもなりかねません。

 

借金返済でどうしようもなくなる前に・・

こうした事態になる前に、法律の専門家である弁護士に相談をしてみて、善後策を検討するというのが、リスクを避ける意味でももっともかしこい選択であるといえます。

 

現在はネットで全国の弁護士を検索することが可能であり、昔にくらべるとかなり相談のハードルは低くなっていますし、なかには借金問題を専門にしている弁護士もいますので、そうしたところを意図的に選んで相談をしてみるのもよいでしょう。