MENU

借金を家族に打ち明けるお薦めのタイミング

借金はいつ、どのような場面で抱えてしまうかわかりません。

 

なかには家族にすら言うことをためらってしまう方もいらっしゃいます。

 

はじめは少し借りるだけですぐに返せるとは思ったものの、いつの間にか取り返し
がつかなくなってしまう可能性もあり、早めに家族に相談するべきと言えるでしょう。

 

しかし自分の責任で抱えた借金を、家族に打ち明けるということは、
相当な勇気を必要とする行為です。

 

それがやむにやまれぬ事情ならば理解を得ることは難しくないのかもしれませんが、
ギャンブルや衝動買いによって作った借金であれば、
並大抵のことで許してもらうことはできないでしょう。

 

このような場合では、打ち明け方に工夫を凝らす必要があるのです
人は他人を許すか許さないかというときに、その人の態度で判断することが多いです。

 

ですからこちらの謝罪する姿勢には十分に注意しましょう。

 

打ち明ける前に説明出来る様に

 

まず大切なことは、状況の説明です。
自分がどのような経緯で借金を抱えるまでに至ったのか、
そしていまどれくらいの借金をしているか、こういったことを一つ一つ丁寧に話しましょう。

 

会話の途中では努めて冷静でなければなりません。

 

感情的にならないよう、お茶などを淹れることをオススメします。

 

あなたの話に対して家族が何かいってきたとしても、とにかく最後まで説明することが大切です。
それが終わったら、家族の出方を待ちましょう。

 

家族が何に怒っているかをしっかり見極めなければならないからです。

 

間違ったタイミング

 

よくある間違った対応として、借金を抱えたことにだけ謝り、その場しのぎの
解決法を提示して逃げ切ろうとしたりする人がいます。

 

しかし話を早く切り上げようとしている姿は、反省しているとは言いがたく、
家族の許しを得ることは難しくなってしまいます。

 

ここで大切なことは家族からの信頼を裏切ってしまったという事実です。
信頼を取り戻すためにするべきことは時間をかけて、相手の望む事柄について
謝罪をすることなのです。

 

そうすればきっと家族は手を差し伸べてくれることでしょう。