MENU

債務整理の前に過払い金はありませんか?

法律事務所のCMで、借金の過払い金という言葉がよく出てくるでしょう。

 

過払い金というのは、本来支払うべき必要のない利息のことであり、これを返還する手続きのことを過払い金請求と呼びます。
過払い金は黙っていても1円も戻ってくることはなく、貸金業者に対して請求をしないといけません。

 

過払い金請求をするなら専門家に・・

業者が過払い金について向こうから触れてくることは絶対にないので、借り手が調べて返還請求をしていく必要があります。
請求は自分自身でも行えますが、簡単に返還に応じてくる業者はまずありません。

 

徹底的に渋ってくることが多いため、弁護士に代行してもらうべきでしょう。
弁護士に依頼をすれば、満額の回収をすることも可能なのです。

 

自分で回収手続きをしても、半分取り戻せれば上々というのが現実です。
業者側としては1円も返したくないので、時間稼ぎはしてきますし、妥協案を持ちかけてくることも多いです。

 

例えば、全額を返還することは不可能だけど、20%なら今すぐに返還できるなどと口実を並べてきます。
この手に乗ってしまうと大損するので、最初から交渉のプロである弁護士に任せておくべきでしょう。

 

過払い金の可能性のある人が確認すべきポイント

 

借金の過払い金が発生している可能性が高いのは、過去に18.0%超で借りていた方です。
29.2%を超えると完全に違法になりますが、それに近い金利で融資している業者は過去に多くありました。

 

弁護士報酬との兼ね合いに注意

そうした業者から高額融資・長期借入をしていた方は、かなりの過払いが発生していると考えられます。
弁護士に依頼すれば過払い金計算をしてくれるので、具体的な金額を聞いてから返還請求をするか決めましょう。

 

数万円しか回収する見込みがない状態なら、弁護士報酬のほうが高くついてしまうでしょう。
数十万円の回収が可能ならば、報酬を支払ってでも依頼するべきです。

 

弁護士の技量によって回収額は変わりますが、概ね過払い金が発生している場合は100万円は回収できるケースが多いです。
過払い金だけで今ある借金をマイナスにできる方も大勢います。