MENU

踏み倒しのリスク

どうしても借金返済の目途がつかない時に、踏み倒すことを考える人がいます。
しかし借金の踏み倒しには予想以上に大きいリスクが存在するので、まだ頼れる人間や法的手続きなどがある時は、実行しないのが無難でしょう。

 

借金踏み倒し〜15年間逃げる?

まず借金の踏み倒しを成功させるための条件の一つが、返済を迫る業者から逃げ切ることです。

 

その期間は借金の時効が切れる5年までと考えがちですが、業者が裁判所に訴えると差し押さえ等の法的処置を執行する期間も追加されるため、場合によっては最長で15年間業者に見つからないように生活する必要があります。
しかもこの15年間の間は、住民票を移せません

 

業者が住民票を確認して居場所を突き止めるのを阻止するためですが、現在の日本では住民票があって初めて利用可能な行政サービスがたくさんあります。住民票が動かせなければこれらのサービスは利用できないので、今まで通りの生活は難しくなります。

 

踏み倒し期間中の最大のリスクが、借金が膨れ上がる点です。
借金には当然利子があり、踏み倒して業者から逃げている間も当然利子は積み上げられています。

 

借金の踏み倒しはかえって借金返済を難しくする

勿論業者に見つかった際はその膨らんだ利子を含めて返済する義務が発生するため、ますます返済が難しくなる悪循環に陥ることになります。
そしてこれらの踏み倒しのリスクを背負ったうえで業者から逃げ切り、踏み倒しに成功しても最後のリスクから逃れることはできません。
借金を踏み倒した人間としてブラックリストに名前が載るため、金融機関の利用が今後難しくなります。