MENU

減らない時の対処方法

消費者金融から融資を受けることによる借金が減らないときには、銀行などが行っているおまとめローンを利用する対処法があります。

 

借金返済の方法〜おまとめローンを選ぶ

消費者金融によっては高い金利が付けられていることがあり、金利の設定はそれぞれの金融業者ごとに違います。現時点で借り入れを行っている債務についている金利よりも、銀行のおまとめローンのほうが低金利であれば、借り換えをすることで金利分の支払い金額を減らす効果があります。
利息は1%違うだけでも、全体の返済金額として計算したときには大きな違いになりますので、少しでも低金利のところから借りたほうが借金を減らしやすくできます。
また、おまとめローンの場合には、別の借り入れ先から融資を受けている形となりますので、根本的に借金が無くなっているわけではありません

 

借金返済が難しくなった時は弁護士に相談

抱えている借金額が大きく膨らんでしまって、継続的に返済していくことが難しいときには、弁護士に相談することで債務整理の手続きを依頼できます。

借金返済にはいくつか方法がある

債務整理には、任意整理や自己破産などの手続きがありますが、これらの方法を利用することで、借金額を減額するための交渉であったり、裁判所に借金の返済義務を帳消しにしてもらうことを認めてもらえますので、根本的に返済できない借金の問題を解決できます。

 

任意整理では減額した債務を返済していく必要がありますので、収入を得ておくことが条件となります。安定した収入が無い債務者のときには、自己破産を選択することで全ての債務を帳消しにできるので、自力で減らすことができない場合であっても解決できます。