MENU

住宅ローン返済で困った時の対処方法

住宅ローン返済に困っている人や、毎月の返済に頭を悩ませている人は意外と多いものです。

 

長年かけて返済していく事が多い住宅ローンは、平均的な収入の世帯ならば大抵住宅を購入する際に利用する事になるでしょう。ですが人の人生には色々な変化が付き物です。途中でローン返済が出来なくなる事も充分考えられます。

 

今回は住宅ローン返済に困った際の対処方法について解説していきます。

 

<住宅ローンの返済が遅れたらどうなる?取り立てが来るの?>

住宅ローンの返済が始まると、毎月決まった支払日に口座からの引き落としなどで返済していく事になります。ですが住宅ローンの返済が遅れてしまうと、すぐにドラマで見るような怖い取り立て屋がやってくるのでしょうか?
…答えはNoです。

 

始めて滞納してしまった場合、勘違いやうっかりで支払い忘れていたという事も考えられます。そのため支払いが遅れた後は家に支払いを促す督促状が送られてきます
これが送られてきた時には速やかに支払いをしておけばあまり問題はありません。しかし度々繰り返すと問題になる事もありますので、支払い忘れはしないように心がけましょう。

 

ところが、問題になるのは住宅ローンの返済用のお金が用意できなかった場合です。
返済日を過ぎてしばらく経つと、督促状と共に家に督促の電話がかかってくる事があります。この際も恫喝されたりといった事はありませんが、この電話を無視したり、2〜3ヶ月以上に長期滞納になると、催告状や最終通告書が自宅に届き、それも無視すると代位弁済の通知が届きます。こうなると後は家を競売にかけられてしまうという最悪の結果が待ち受けています。

 

<住宅ローン返済ができない場合の対処方法とは?>

住宅ローン返済ができない場合の対処方法には、一時的なものと最終手段の二種類があります。

 

家を手放したくない場合は、なるべく金利が安い銀行ローンなどで借金をし、返済を続けるという方法があります。
ですが収入が下がったりボーナスがカットされたという理由で返済ができない状況に陥っている場合は、将来的に長期間にわたって返済の見通しが立たない事もあります。

 

住宅ローンの返済ができないのが短期的な問題でない場合は、安易に借金を重ねても自らの首を絞めるだけです。住宅ローン返済ができない状態が長らく続くと家は自らの意思に関係なく競売にかけられてしまい、普通に売りに出した際の価格より遥かに安い値段で売り飛ばされてしまいます。

 

そして莫大な借金だけが残されてしまうのです。住宅ローン返済に困ったら、ギリギリまで持ちこたえずに将来を先読みし、早い段階で法的措置をとって対処したり、市場価格で売りに出せるように速やかに動かなければなりません。

 

<住宅ローン返済に困ったら問題に詳しい弁護士へ相談しましょう>

住宅ローンの返済が困難になってしまったら、住宅ローンの返済の問題に詳しい弁護士に相談するのがおすすめです。弁護士には離婚や債務整理など、得意とする分野がありますので、住宅ローンの場合はその道に詳しい弁護士を探すのがコツです。

 

弁護士に依頼をすると、月々の返済額を少なくさせたり、個人再生という法的手段を利用して住宅ローンの借金を減らしたり、競売などにかけられた家を他人に売るのではなく親族や親子などの身内が購入する親族間売買などの対処方法など、様々な手段を講じてくれるでしょう。