MENU

借金返済の方法は弁護士に相談しましょう

借金返済の方法は個人の借入状況によっては非常に深刻化しているケースもあるため一概には言えません。
もしも生活費を捻出する事すら難しくなり、携帯代など月々の固定費すら延滞しているような場合は、自分一人での解決はとても難しい状況です。
このような場合にどうにかして借金返済をしようと思うのであれば、すぐにでも弁護士を探して借金の相談をしてみましょう。

 

借金返済には必ず法的な抜け道がある

借金をしている人にとって借金返済に行き詰る事は決して起こり得ない事ではありません。収入が激減したり、失業したり、もしくは何らかの原因で借金を繰り返してしまう事で返済が困難になってしまう事があるのです。

 

借金返済をしている最中に一番やってはいけないのが借金をして次の返済に充てる事です。これを繰り返すうちに借金はどんどん膨らんでいってしまいます。この状態になっても収入が変わらず、月の余剰資金も無いようであれば後は借りれる所が無い状態まで一直線となってしまいます。

 

しかしこの時点で借金返済についてしっかりと向き合い、対策をとっておけば法的な抜け道の選択肢も沢山あるので、平穏な日常を取り戻すまでの道も比較的おだやかになるでしょう。

 

借金返済が困難になったら債務整理をしよう

返済が困難になり、このままでは月の返済費用も捻出する事が出来なくなってしまう…と焦り始めたら、新たに借り入れする事を考えてはいけません。その時点でおしまいと考えましょう。まだ借りて返済すればどうにかなると思ってしまう事が多いですが、それはまやかしに過ぎません。

 

借金を法的に整理する債務整理という方法をとる時期に来ています。債務整理は借金の返済不能に陥っている国民を救済するための制度です。債務整理の方法には4種類ありますが、それぞれの借金額や個人の事情によって選択肢が色々とあります。

 

  債務整理を行う場合には弁護士や司法書士に相談して手続きを依頼するのが一般的です。
最近はネットでメール相談が出来たり、電話での無料相談を受け付けしている所も多く、大変相談への敷居が低くなっています。

 

一人で悩んでいても借金問題は解決しませんが、このような専門家に相談するとスムーズに借金問題解決のための事が進められていきます。残債が残る場合でも、たとえば月3万円返済していた月の返済費用が1万円以下に決め直せるなど、その後の返済が楽になるケースもあるようです。

 

弁護士の費用はいくらかかるのか

弁護士に依頼する上で気になるのが弁護士費用です。弁護士に依頼するといくらかかるのかや、依頼費用を支払えるのかはとても重要なポイントですよね。ネットで探してみると弁護士への相談が無料な所はとても多いですし、分割払いが可能になっている事務所もあります

 

まずは無料相談をしてみて、費用の見積もりをいくつかの事務所に出してもらう事と、分割がどれくらい細かくできるのかなども聞いてみましょう。基本的には債務整理の種類や借り入れ件数によって変動するようです。