MENU

借金返済のリボルビング方式

クレジットカードを持っている人達の間ではすっかり定着しつつあるリボルビング方式ですが、リボルビング方式とは一体どんな返済方式なのでしょうか?
分割払いとの違いも少々わかりづらいですよね?

 

今回はリボルビング方式の内容について詳しく見ていきましょう。

 

リボルビング方式とはどんな返済方式?

リボルビング方式とは、月々の支払い額が一定になる方法になります。
クレジットカードでの買い物のほか、最近ではカードローンやキャッシングなどでも利用している人が多く見られます。

 

分割払いや一括払いとは違い、大きな買い物をしても翌月以降の引き落とし額が毎月一定になるため、一回の返済の負担を減らす事が可能です。
その一方でリボルビング方式は支払う利息が高くなってしまうという嫌なデメリットも存在しますので、多用しすぎはおすすめできません。

 

一時はリボ払いにしたとしても、余裕がある時は月々の返済額に+αして返済していき、
支払う利息を減らす努力をしていった方が良いでしょう。 

 

リボルビング方式の落とし穴!利用する際の注意点

少々高い買い物をしてしまったり、使い過ぎてしまっても月々の支払い額が一定になるリボルビング方式は、計画的に使えば便利な返済方式です。
しかし、現在の借り入れ金額を把握せずに使用したり、無計画に使ってしまうとたちまち借金地獄に陥ってしまう事もあるので注意が必要です。

 

リボルビング方式の注意点の一つに、支払う利息の高さが挙げられます
返済期間が長期化すると言う事は、それだけ利息を支払わなければならないという事になります。後から支払いの内訳を見てみたら、借りた元金の半額以上の利息を支払っていたなんていう事もあります。

 

また、リボルビング方式は支払い額が毎月一定なので使い過ぎたという自覚が湧きづらい返済方式でもあります
常日頃からクレジットカードをリボルビング方式で使用している人は、借り入れ残高をしっかり把握しておかないと借金額が膨らんでしまう可能性があります。いくつかの返済方式の中でも細心の注意を払わなければならないのがリボルビング方式です。

 

リボルビング方式は主に2種類存在する

リボルビング方式には、残高スライド方式と定額方式の二種類があります。

 

残高スライド方式は、支払い残高が増えたり減ったりする毎に毎月の返済額が増減するタイプの返済方式です。借り入れ金額が増えれば毎月の返済額が増えますし、減れば毎月の返済額も減ります。

 

定額方式は毎月一定額を返済していく返済方式です。支払い残高が増えても返済額は変化せず、代わりに返済期間が延長されます。

 

リボルビング方式は余裕のある時に繰り上げ返済を行う事で利息がカットできますから、業者が決めた月々の最低返済額をちまちまと返済するだけでなく、余裕があるときにガッツリ返済する事をおすすめします。