MENU

住宅ローンの返済に困った時の解決方法 弁護士に相談しましょう

住宅ローンの返済に困った時の対処法は、困り始めた時点で将来の見通しについて考え、どう考えても無理だと感じたら極度の返済不能状態に陥る前に専門の弁護士に相談する事です。

 

住宅ローンの返済が出来なくなるのは普通の借金よりも事態が深刻です。払えないとどうなってしまうのでしょうか?

 

住宅ローンが払えない!対処方法はどうしたらいい?

住宅ローンが払えないと、普通の借金とは違って家を手放さなければならない危機が訪れます。
現在でも住宅ローンを払っている人のうち1割程度が返済できない状態になるのでは?と不安を抱えていたり、返済不能に陥りそうな状況を向かえたりしています。

 

もしも何らかの理由により住宅ローンが払えない場合は、対処方法はどうすれば良いのでしょうか?
住宅ローンの場合は普通の借金のように払えなくなって延滞してから動くのでは遅すぎます

 

将来的に見てもこのままでは住宅ローンが払えないのかどうかを考え、とても払っていけないと感じた場合は、家を任意売却で売る事を考えた方が良いでしょう。
住宅ローンの支払いを延滞してしまうと、最悪の場合抵当権の行使をされて家を競売にかけられてしまう事があります。競売は市場価格よりもかなり安い値段で落札されてしまうので借金に充てられるお金がその分少なくなってしまいますし、家を取り上げられた上により多くの借金返済だけが残ってしまう羽目になります。

 

こうなる前に、住宅ローンの問題や借金の問題に詳しい弁護士に相談して対策やアドバイスをもらいましょう。

 

住宅ローンが払えない場合は債務整理を視野に入れましょう

住宅ローンが払えない状態の中、生活費すら捻出できないながらも無理矢理返済を続けていっても、最終的には借金額を増やしてしまうだけだったり家を競売にかけられてしまう所に行きついてしまうかもしれません。

 

住宅ローンが払えない時は無理に頑張ろうとせずに、無理なものは無理と諦めた方が新しい人生を立て直しやすくなります。しかし家を処分したとしても、結局借金だけ残ってしまう事になります。しかも元金だけでなく、利息も支払っていかなくてはなりません。

 

家はもう無いのに、高い利息ばかり長々と支払わされては再び家を持つどころか将来のための貯蓄さえままならなくなるでしょう。そこでおすすめなのが弁護士に依頼して債務整理を行う事です。

 

弁護士に債務整理を依頼するには?

 

住宅ローンの相談をするなら、借金問題専門か住宅ローン案件を専門的に扱っている弁護士が良いでしょう。ネットで検索すればすぐに見つかります

 

住宅ローンは家などの資産が絡んでくるので出来るだけ詳しい弁護士に相談するのが望ましいです。借金額が多い住宅ローンは、早めに専門家のアドバイスを受けれるかどうかで今後にかなりの差が出ます。家を失って住宅ローンのみが残されるような状況になりそうになったら、実現する前に弁護士に相談しましょう。