MENU

親の借金を返済する義務はあるのか?

親が借金を残して亡くなってしまった場合、問題になるのが子供の返済義務です。
親が残した借金は子供に返済義務があるのでしょうか?

 

親が亡くなると同時に複数の金融業者から子供に請求が来たなんてケースも時々見られます。
親に借金がある事すら知らなかった子供にとっては葬儀共々初めての経験で戸惑う事も多いです。

 

このような借金問題はどうしたら良いのでしょうか?

 

<親の借金の返済義務は基本的には無い!でも場合によっては…>

基本的に親の借金の返済義務は子供にはありません。
親の借金は親と貸金業者との間での契約で、子供がそれに関わる事がなければ親の借金の返済義務は生じません。ですが借りている金融業者が悪質な場合、子供に支払いを求めてくる事があります。

 

ですがこの場合も1円も支払いをせず、借金問題に詳しい弁護士にまずは相談した方が良いでしょう
ただ、親の借金の連帯保証人になっている場合は子供に借金の返済義務が生じます。
また、大抵の場合は親の貯金などを相続する人が多いと思いますので、この場合も気を付けないと返済の義務が生じてしまうケースがあります。

 

<相続には親の借金などの負債も含まれる>

親からなにかを相続する場合には親が残した借金の存在に関しても要注意です。
基本的には上記のように親の借金を子供が返済する義務は保証人にならない限り生じません
ですが、親が亡くなって不動産や貯金などを相続する場合は、親が残した借金に関しても相続しなければならなくなります

 

この場合借金は相続せずに資産だけ相続する事はできないとされています。
稀に親が勝手に子供を保証人に立てて借金をしている場合がありますが、これが判明した場合は返済義務は生じません。ですが後々の事を考えてこの場合も弁護士に相談した方が良いでしょう。

 

親が借金を残した事が分かっている場合は、相続できる財産状況をよく把握する事が大切です。
相続関連の問題には届出などの都合上時間制限もありますので、色々な手続きで忙しいですができるだけ早めに法律の専門家に相談しましょう。

 

<親が遺した借金の相談は弁護士へ>

親からプラスの財産や将来につながる不動産などの財産を相続できるならともかく、ちょっとした貯金を相続したら借金返済まで付いてきたなんて事態になったらバカらしくてやっていられませんよね。
親が遺した借金問題が浮上して困ったら、まずは弁護士に相談してみましょう。

 

相続関連に関してはあまり悩んでいる暇がありません。
親の借金が多く、プラスの財産よりもマイナスの方が大きい場合には相続開始から3ヶ月以内なら家庭裁判所に相続放棄の申立をする事で借金も親の財産も相続しないで済む方法があります。

 

しかし後から更に親の借金が発覚するという事も考えられますので、法律と相続の問題に詳しい弁護士にあらかじめ相談しておけば、後からのトラブルも予防する事が可能になります。
弁護士の探し方としてはネットを活用するのが現在では主流になりつつあります。