MENU

妻が内緒でした借金を返済する義務はあるのか?

ここ数年で消費者金融や銀行などのカードローンは、収入が少ない主婦や学生などにも貸付を行う所が増えてきました
簡単に借金が出来てしまう一方で、妻が夫に内緒で借金をして返済できなくなってしまうパターンが増えてきています。
この場合夫に返済義務はあるのでしょうか?

 

<妻の借金は夫が返済する義務は無い>

基本的に消費者金融や銀行カードローンなどは借りる側と融資する側の当事者間の契約となります。妻が借金をしたとしても、返済義務は妻だけに生じるので基本的には夫が肩代わりして返済する義務は必ずしも生じるとは限りません。

 

とはいっても同じ家計を共にする身ですので、妻が払い切れなくなった借金をどうするのかについては別の問題となります。この場合も額が大きければ妻に債務整理などをさせるか、妻も長時間働きに出て借金返済を頑張るかなどで対応できますが、もしも妻が借金を重ねて闇金などの悪質な業者に手を出してしまった場合は、返済の義務が無いとはいえ夫にまで借金返済を強硬に迫ってくる事が考えられます。

 

この際に返済義務があると勘違いして支払ってしまう人も多いようですが、この場合は完済させてもらえずにズルズルと利息ばかりを支払わされ、家計が崩壊してしまう事もよく見られます。

 

借金の返済義務がどういう状態だとどこまで及ぶのかについて知っておかないと、無駄にお金を支払わされてしまう事があるので注意が必要です。

 

<妻の借金で夫が借金返済しなければならない場合について>

妻が内緒で借金をした場合、夫には基本的に返済義務があるわけではありませんが場合によっては返済義務が生じてしまう可能性があります。例えばレアなケースだと奥さんが未成年で法定代理人になっていたり、奥さんが亡くなって相続をした場合がそれにあたります。

 

この他にも勝手に借金の連帯保証人にされた場合、運が悪いととった方法が不味くて借金返済をしなければならなくなってしまう事もあるので注意が必要です。

 

借金の督促や取り立てが来た場合はいきなりの事で慌ててしまうかもしれませんが、納得いかなければまずは1円たりとも支払わないようにしまずは借金の返済義務が自分にあるのかどうかを確認しましょう。

 

<妻が内緒でした借金でトラブルになったら弁護士に相談しましょう>

妻が内緒で借金を作ってしまった場合、自力で返済出来るレベルであればまだ救いがあります。ですが夫がどうにかしてあげたくても無理なレベルの借金を作ってしまったり、闇金に手を出してしまって大きなトラブルになる事もあります。

 

このような場合は普通の金融業者から借りた借金ならば債務整理専門の弁護士へ相談し、闇金に手を出してしまっていたら闇金専門の弁護士に相談をしましょう。ネットで検索すれば無料相談を行っている弁護士事務所がたくさんみつかりますので、借金問題や闇金問題に詳しい弁護士を探して相談するのがベストです。

 

弁護士に相談すると債務整理などの法的な借金の整理に関する手続きやアドバイスを行ってくれます