MENU

ギャンブルによる借金依存の治し方

ギャンブル依存の人の借金問題はごく短期間で深刻化しやすいのが特徴です
また、比較的中程度の依存の人でも自分の資金が尽き、借金をとことんしてからでないと目が覚めないケースも多々あります。これが重度になると借金を整理してもなおギャンブルを繰り返してしまう事があります。

 

ギャンブルの借金依存を治す方法はあるのでしょうか?

 

<ギャンブル依存…あなたは大丈夫?>

ギャンブル依存症は自覚せずに陥っている事も多く、特に資金が底を尽いても我に返らない人は非常に事態が深刻化しがちです。ギャンブルの借金依存はギャンブル依存症を克服しないと再び繰り返してしまう可能性もあります。

 

下記でギャンブル依存度をチェックし、自分がギャンブル依存症になっているかどうかを調べてみましょう。

 

■ギャンブル依存度チェック

 

・仕事や学校、家事よりもギャンブルが最優先になってしまう
・ギャンブルをする事で家族が迷惑を被るなど不幸になってしまっている
・ギャンブルをした後は反省するが次の日にはギャンブルの事を考えている
・勝っていても、もっと出そうとつぎ込んでしまう
・ギャンブルのために借金をした事がある
・負けた分を取り返そうとして更にギャンブルにハマる
・主なストレス発散方法はギャンブル
・一度ギャンブルに行くとお金が紙切れのように思えて自制がきかなくなる

 

上記の項目に当てはまる数が多ければ多いほどギャンブル依存の可能性が高まります。

 

<ギャンブル依存は理解されがたい!しかし立派な精神疾患>

ギャンブル依存がひどくなると、自分でも人生が狂い始めているのに気付いていてもギャンブルをやめられなくなります。趣味でギャンブルを行っている人でも上記の項目に当てはまる事はあると思われますが、ギャンブル依存に陥っている場合は自分の意思でギャンブルがやめられず、お金が無くても借金までしてギャンブルをしてしまう傾向にあります。

 

加速度的に借金を増やしながらギャンブルしている人は依存症に陥っている可能性がとても高くなります。ギャンブル依存症に関しては本人一人で解決するのが非常に難しく、聞き分けのない性格の人だと家族の救いの手すら拒否する人もいたりして悪循環になりやすくなってしまいます。

 

自分一人ではどうしようもなく、現状をなんとかしたいと思ったら、ギャンブル依存症の支援団体や専門の医療機関に相談してみましょう。
ギャンブル依存症は立派な病気の一つなのです。 

 
<ギャンブルの借金依存を治すにはどうすれば良い?>

ギャンブルの借金依存は借りては返してを繰り返していくうちに、どんどんと負債が大きくなっていってしまいます。ギャンブルの借金依存を治すには、お金が無ければ借りるという考えを改め、ギャンブル依存と真摯に向き合う必要があります

 

自分がギャンブルによる借金依存に陥っている事が自覚できていない人も多いですが、実を持ち崩すほどの場合は多くがギャンブル依存症になっています。

 

家族の協力も得つつギャンブルをしに行かないようにする努力のほか、ネットで検索するとサポート機関も多く存在しているのでそれを利用してみましょう

 

ギャンブル依存症の人が作った借金に関しては弁護士と相談して債務整理を行うのが良いでしょう。しかし同時にギャンブル依存症のカウンセリングを受けないと闇金に手を出す恐れもあるので注意が必要です。