MENU

生活保護申請は借金があっても可能か?

生活保護は最低限度の生活を送るために国が定めている救済制度です。
ですが生活保護を受ける前に生活していく事ができずに借金に頼ってしまい、にっちもさっちもいかなくなってから生活保護を考える人もいます。
また、借金返済で生活が出来ずに生活保護を考える人も多くなってきています。

 

この場合生活保護申請できるのでしょうか?

 

生活保護は何のためにある?

生活保護は最低限度の生活を送る事が出来るように、国が生活の保障を行う制度です。生活保護の受給条件は細かく定められているので、基本的には支給条件に当てはまる人が受給対象となります。

 

何らかの理由で生活に必要な収入を得る事ができず、補助してくれる親族などがいない場合に、一定の基準を満たしていると受給できます。

 

生活保護は日常で最低限度の生活を送る上で必要な資金を補助するものですが、その中には住宅扶助・医療扶助・出産扶助・介護扶助・生活扶助などが含まれています。
生活保護を受給するためには手持ちの資金や貯金に制限があったり、資産を持っていてはいけないなど色々な条件が存在します。

 

生活保護は借金があると受給できない

生活保護申請をし、それが認可される事で生活保護を受給する事ができますが、生活保護は生活を保障するためのお金であって借金返済に充てるお金ではありません。そのため、借金があると生活保護申請をしても通りません

 

国の税金で借金返済をするのは好ましくないなど、色々な理由からこのようになっています。そのため、一定の収入があるけれど借金返済が厳しくて生活費が捻出できないといった理由で生活保護を受給する事は出来ないのです。

 

逆に収入を得る道が途絶えてしまい、今後も収入を得る見通しが立たずにどんどん借金ばかり増えていってしまって困っているという人は手続き次第では受給が可能になります。

 

借金がある身で生活保護申請をしたい!弁護士に依頼して債務整理を

現在借金を抱えて大変な思いをしていて一定の収入も得られていない人の場合や、一定の収入があって借金返済さえなければ生活していく事ができるといった身の上の人は、弁護士に依頼して債務整理を行うのがおすすめです

 

生活保護申請をしたい場合は借金をゼロにしなければなりませんが、このような状態の人が借金完済するのはほぼ不可能でしょう。そのため、無料相談を行っていて分割払いが可能な弁護士に借金の相談をしてみましょう

 

借金をゼロにしてから生活保護の申請をしなければなりませんので、自己破産の場合は弁護士費用を払うのは人によっては分割でも大変かもしれませんが、細かい分割が可能な事務所を探して借金を整理すれば、長い目で見れば状況が良い方向に行く可能性も高くなります。