MENU

住宅ローンに困った場合の任意売却とは?

任意売却とは住宅ローンの返済に困った時の苦肉の策の一つと言われています。
最終的な解決策にはなりませんが、住宅ローンの滞納を続けて競売にかけられてしまうよりも被る痛手が少なくて済む方法です。
任意売却にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

任意売却とはどんなことを行うのか

 

任意売却とは、住宅ローンの返済ができない状態になってしまった際に、競売を行う事になってしまう前に債権者と債務者で交渉し、家を市場価格で売りに出す方法です。
任意売却を行う場合は裁判所が介入しないため、債務者が自らの意思で不動産を売却する形となります。

 

住宅ローンは購入した家や土地を担保に抵当権が設定されます。任意売却の場合はローン残高を下回る金額でも不動産を売却する事が出来ますので、まずはその分をローン返済に充てる事が出来るようになります。

 

もしも住宅ローンの返済を長期にわたって延滞してしまうと、任意売却が出来る時期を逃してしまいますが、そうなると後は抵当権を行使されて購入した物件が差し押さえられ、競売にかけられてしまう事になります。

 

任意売却のメリットとは?

 

任意売却は物件を市場価格で売りに出せるので、かなり安い金額で買いたたかれてしまう競売よりも残された住宅ローンへの補てんがしやすくなるのが大きなメリットです。
任意売却は債権者と話し合い、返済計画を立てつつ売却を行う事が出来ますので、近所に差し押さえになったことを知られずに売却する事ができます。

 

また、引っ越しまでの期間や物件の明け渡しに関しても競売より余裕があるのがメリットです。
競売は強制力が強く、立ち退きを迫られれば近所にも知れ渡ってしまいます。
引っ越しの際にはある程度まとまった費用が必要ですが、それについても任意売却なら確保する事が出来るので、競売にかけられて立ち退きになるよりも遥かにマシと言えます。

 

任意売却のデメリットや注意点

 

任意売却は競売に比べてメリットが大きいですが、デメリットや注意点なども存在しています。
任意売却を行うと、住宅ローンの支払いが数か月程度ストップします。これは必要な事とはいえ滞納にあたるため、個人信用情報機関にデータが登録され、ブラックリスト状態となります。

 

このブラックリスト状態はおよそ5〜10年程度継続しますので、その間は新しくローンが組めなかったり、クレジットカードの審査に通る事ができなくなります。また、現在使用しているカードも途中与信や更新の時期に使えなくなってしまいます。

 

どのみちこれが嫌で住宅ローンを無理して支払っていても、支払いきれずに長期延滞を起こせばブラックリスト状態になってしまいますので同じ事ですが、任意売却の場合はこのようなデメリットを把握しておかなければなりません。

 

また、住宅ローンの問題と借金問題に詳しい弁護士に相談し、手続きを依頼する事が大切です。
住宅ローンの支払いに困っている場合は、なるべく早めに相談する事が大切です。

 

一人で悩んでいても解決が難しい事は法律の専門家に相談してみましょう。

関連ページ

住宅ローンのリスクとは?
住宅ローンのリスクとは?落とし穴にハマらず失敗しない住宅ローンの選び方や注意点について解説しています。
離婚すると住宅ローンはどうなる?
離婚すると住宅ローンはどうなるのでしょうか?離婚率が高い日本では、離婚の際の住宅ローンの存在がトラブルになる事も。残った住宅ローンで揉めたら弁護士に相談しましょう。
おまとめローン最新情報
おまとめローンとはどんな時に使う方法?返済は楽になるのでしょうか?おまとめローンのメリットとデメリットについて
借金返済計画の作成方法
借金返済計画を立てずに漠然と借金を返済していると、無駄に利息を支払わされてしまったりして効率よく借金返済できません。借金返済計画の作成方法とは?