MENU

離婚すると住宅ローンはどうなる?

日本の夫婦は離婚率が高いと言われています。
いざ離婚する事になったとしても、長年夫婦として暮らしてきた二人の間柄には財産分与など多くの問題が山積みとなります。

 

その中でも離婚の際にトラブルになる事が多いのが住宅ローンの問題です。

 

離婚の際は住宅ローンはどうなってしまうのでしょうか?

 

離婚を機に住宅ローンの返済ができない状態になる事も!

夫婦二人で住宅ローンを返済していた場合、二人の収入を合わせた家計から捻出しているので難なく返済できていたとしても、離婚後に住宅ローンの返済が困難になってしまう人が多く見られます

 

今までは一つの家で暮らしながら夫婦二人の収入でやりくりできましたが、離婚後は双方の収入をあてに出来ませんし、もしも家を残す事にした場合、家を出た方が賃貸で暮らし始めれば家賃+住宅ローンという過酷な支払いになってしまいます。

 

また、慰謝料や養育費などの出費も増えるため、住宅ローンが加わると生活ができない状態に陥る人も出てきます。住宅ローンの保証人が配偶者の場合、どちらか一方が住宅ローンの返済を延滞すると、全ての支払い義務がもう片方に発生してしまいます。

 

離婚による住宅ローンのトラブルはこじれると深刻化する事も多いため、離婚の際の住宅ローンの扱いに関しては後々の事までしっかり考える必要があります。

 

離婚前には住宅ローンの内容を確認・把握しておく事が大切

住宅ローンと一言で言っても、色々なプランや返済方式などがあるため、離婚する際に住宅ローンがまだまだ残されている場合には、とりあえず住宅ローンの内容などについて詳しく把握しておく事が大切です。

 

購入した不動産の名義や評価額の確認方法ですが、法務局で登記簿を取得すれば調べる事ができます。不動産の価格は不動産業者に査定してもらえばOKです。

 

離婚の際には購入した家をどうするのかについて話し合いが行われると思いますが、まずは不動産の資産価値などを把握しなければ込み入った話し合いが出来ません。
住宅ローンの借り入れ残高の確認のほか、不動産を売却すれば住宅ローンが完済出来てしまうかどうかについても確認するべきでしょう。

 

離婚後の住宅ローンは誰が払うの?

夫婦生活を営んでいく上で住宅を購入した場合、いざ離婚となった時に
なかなか折り合いがつかないのが住宅ローンの存在です。
共同名義の場合はローン返済も共同で行わなければならない事が多く、夫婦共に返済の義務が生じてしまう事が多いです。

 

離婚したとしても住宅ローンが無くなるわけでも名義が変更されるわけでもありません。ローンを組んだ時の名義人は変更できませんので注意が必要です。住宅ローンは支払期間が長い上に高額ですし、不動産も決して安くはありません。

 

離婚と住宅ローンに関しては話し合いが泥沼化しやすいので、
離婚と住宅ローンの問題に詳しい弁護士に相談し、財産分与などについての相談をすると良いでしょう。

関連ページ

住宅ローンのリスクとは?
住宅ローンのリスクとは?落とし穴にハマらず失敗しない住宅ローンの選び方や注意点について解説しています。
住宅ローンに困った場合の任意売却とは?
住宅ローンの返済に困った時に行う任意売却とはどんな方法?任意売却を考えている場合は弁護士などの専門家に相談しましょう。
おまとめローン最新情報
おまとめローンとはどんな時に使う方法?返済は楽になるのでしょうか?おまとめローンのメリットとデメリットについて
借金返済計画の作成方法
借金返済計画を立てずに漠然と借金を返済していると、無駄に利息を支払わされてしまったりして効率よく借金返済できません。借金返済計画の作成方法とは?