MENU

借金返済計画の作成方法

現在は借金をしようと思えば信用情報に傷でもついていない限り、簡単にお金を借りる事が出来てしまいます。しかし借金返済計画を作成して忠実に実行しないと、いつの間にか借金が増えてしまったり高い利息を支払わされる事になりかねません。今回は借金返済計画の作成方法について見ていきましょう。

 

<借金返済計画って本当に必要なの?>

 

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなどはインターネットの普及などにより、昔よりも格段にお金の借り入れがしやすくなって敷居が低くなっているので、女性や学生、主婦などの層からの利用者も多くなってきています。

 

しかし借り入れのしすぎによるトラブルが増えてきているのが実情です。借金返済計画を作成せずに漠然と返済や借り入れを繰り返した結果、支払いできない状況に陥ったり、完済した時には借りた額の半額以上の利息を支払わされていたなんてケースもあります。

 

金融業者から借り入れをする際は借りた金額のみを重視しがちですが、一番着目したいのは支払う事になる利息額です。この部分について深く考えないと、意外と返済がきつくて支払いが困難になったり、月々の家計を圧迫する事になりかねないのです。

 

<借金返済計画はどうやって立てる?借金返済計画の作成方法!>

 

借金返済計画の作成方法にはいくつか抑えておきたい点があります。まずは自分の収入と支出についてしっかりと把握する事です。毎月生活費で何にいくら使い、いくら収入があるのかを書き出してみましょう。この時点で余剰資金がいくらあるのかをざっと算出します。

 

また、生活費の中から節約できる所が無いかを探っていきます。借金は業者に決められた月の最低返済額のみを返済していたのでは無駄に利息を払わされてしまいます。短期的に見ると多くのお金を支払うのでもったいないように感じますが、トータルで見ると利息がかなり減らせるので、算出した余剰資金を使ってどんどん繰り上げ返済を行っていくようにしましょう。

 

<借金返済を早く終わらせるコツ>

 

複数の借り入れ先がある場合は、金利が高い所からどんどん返済していくと良いでしょう。これによって利息による返済の負担を軽くさせます。また、完済をするまでは新しい借金をしない事と、クレジットカードでの買い物はリボ払いではなく一括払いを徹底する事が借金返済を早く終わらせるためのコツの一つとなります。

 

また、上記で挙げたように余剰資金で繰り上げ返済を行う事で利息を最小限に抑える努力をするのが最大のコツです。借金をしたら、なるべく早期に収支と支出を見直して返済計画を立てる事が重要です。

関連ページ

住宅ローンのリスクとは?
住宅ローンのリスクとは?落とし穴にハマらず失敗しない住宅ローンの選び方や注意点について解説しています。
住宅ローンに困った場合の任意売却とは?
住宅ローンの返済に困った時に行う任意売却とはどんな方法?任意売却を考えている場合は弁護士などの専門家に相談しましょう。
離婚すると住宅ローンはどうなる?
離婚すると住宅ローンはどうなるのでしょうか?離婚率が高い日本では、離婚の際の住宅ローンの存在がトラブルになる事も。残った住宅ローンで揉めたら弁護士に相談しましょう。
おまとめローン最新情報
おまとめローンとはどんな時に使う方法?返済は楽になるのでしょうか?おまとめローンのメリットとデメリットについて