MENU

過払い金請求 デメリットは?

過払い金とは、消費者金融やカード会社などに借金をした際に、払いすぎた利息のことをさします。お金を貸す場合には法律で利息が制限されているのですが、少し前までは多くの貸金業者やカード会社が、この法律よりも高い金利でお金を貸していたのです。
しかし近年、払いすぎた分の利息は、手続きをすることで取り戻せると法律で認められました。返金手続きを行うことを過払い金請求とよんでいます。

 

過払い金請求はいい事ばかりではない?

払いすぎた利息が戻ってくる過払い金請求にはメリットしかないように思いますが、いくつかのデメリットも存在します。

 

ブラックリスト登録される?

そのひとつに過払い金請求をするとブラックリストにのってしまうということがあげられます。ブラックリストとは信用情報機関が行う返済能力に関する情報のことで、ブラックリストにのると、5年間から7年間ほどお金を借りられなくなります。

 

以前は過払い金請求することでブラックリストにのってしまうことがあったため、借金を全て完済してから過払い金請求をするという手法をとっていました。しかし近年では請求があったとしてもブラックリストに登録されることはなくなりました。

 

自分で過払い金請求すると・・?

次に、自分で過払い金請求をする場合のデメリットがあげられます。
自分で過払い請求をする場合には様々な手続きをしなくてはならないため、多大な時間と労力が負担となります。
また、裁判所などから届く書類は、基本的に自宅に届くことになるので、家族に借金をしていたことを知られてしまう可能性もあります。
そして貸金業者は、個人で請求してくる人には、本来返すべき金額よりも低い金額での和解を要求することがあります。

 

過払い金請求を専門家に頼む場合

個人で請求する自信がない場合には、弁護士や司法書士に依頼することになります。その場合にデメリットとなるのは、弁護士や司法書士に支払う費用といえます。

 

業者1社ごとに約4万円ほどの着手金がかかり、それとは別に業務終了後に費用を支払います。また過払い金が返ってきた場合には、成功報酬として返ってきた費用の20パーセントほどを支払うことになるのです。

関連ページ

過払い金 の時効は?
過払い金 の時効は?
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の出来る期間
過払い金請求の出来る期間
過払い金の相談方法は?
過払い金の相談方法は?
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求 自分でする方法とリスク
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金の手続方法
過払い金の手続方法