MENU

過払い金請求 自分でする方法とリスク

過払い金請求は通常だと弁護士や司法書士といった専門家に依頼することになるのですが、だからといって個人では出来ないということはありません。
では自分で過払い金請求をするにはどうすれば良いのかと言うと、まず行わなくてはならないのが取引履歴の開示請求です。
これは借金をしていた貸金業者などに自分で作成した取引履歴請求書を送付すれば出してもらうことが出来、次にその取引履歴を使って引き直し計算を行います。
引き直し計算とは過去の借金のデータを見返して適切な金利で請求されていなかった部分を利息制限法に沿った形で再計算する作業のことで、これによって出てきた利息の超過分が過払い金となるわけです。
あとはその結果出てきた過払い金の額の返還を貸金業者側に請求し、和解交渉などを経て指定の口座に振り込んでもらうといった形で過払い金請求は進んで行きます。
ただ実際のところこうしたことは債務者本人でも行えるのですが、それなりにリスクもあるというのは注意が必要です。
リスクとしてはまず「手間がかかる」ことが挙げられます。
引き直し計算も表計算ソフトを使えばある程度簡単にできるようになっていますが、それでも自分でミスなく計算して請求するというのはかなり手間のかかる作業です。
また「貸金業者側が非協力的になる場合もある」ことも大きなリスクと言えます。
例えば取引履歴請求書を送ってもすでにデータを廃棄した、個人からの申し出は受け付けられないといった言い訳をつけて情報開示をしないという業者は少なからずいます。
さらに過払い金請求をしても「そういったものは発生していないから支払えない、納得いかないなら裁判を起こしてくれ」と言い放つ業者もいますから、最終的に弁護士の力が必要になるケースも多く報告されています。
確かに自分で過払い金請求をすれば弁護士費用などが必要ないというメリットはありますが、最終的な負担などを考えると個人で行うのはリスクも伴うことだと覚えておくようにしましょう。

関連ページ

デメリットは?
過払い金請求 デメリットは?
過払い金 の時効は?
過払い金 の時効は?
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求にかかる費用
過払い金請求の出来る期間
過払い金請求の出来る期間
過払い金の相談方法は?
過払い金の相談方法は?
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金請求おすすめの弁護士
過払い金の手続方法
過払い金の手続方法