MENU

個人再生をするとどんなデメリットがあるか

個人再生は借金に悩み続ける毎日から解放してくれる素晴らしい手段の一つとなり得ますが、その反面個人再生をする事によるデメリットも生じる事があります。最近は非正規労働者の数が非常に多くなってきており、労働者全体の40%近くが非正規であるとすら言われています。年収200万円以下の人達がゴロゴロいる時代ですから、生活苦で借金地獄に陥ってしまう人もそれなりに一定数います。そんな人達が最終的に支払いを続ける事が出来なくなったり、生活が厳しくて返済まで手が回らなくなってしまった際に駆け込むのが弁護士事務所で、借金を整理するための手段の一つとなっているのが個人再生です。個人再生メリットは債務の減額が出来るので、日常生活を維持しつつも生活の負担にならないように借金を返済していく事が可能になる事です。しかしデメリットとして、5〜7年間はブラックリストに載ってしまいます。そのため新たにクレジットカードを作ろうとしたり、借金の申し込みをしたとしても審査に通らなくなります。基本的にブラックリストは3回以上借金の返済が滞ってしまった場合や、個人再生などの債務整理をした時にリスト入りしてしまいます。時にはローンを組む事すら出来なくなってしまうので、当面は現金一括払いの生活が続くと覚悟した方が良いかもしれません。今まで生活が厳しい時にカードを使って買い物をしていたり、当面の生活資金としてキャッシングなどを行っていた場合にはそれが出来なくなります。当然自分の手持ちの資金の中でやりくりしていかなければなりませんから、人によっては債務整理前よりもきついと感じる事もあるかもしれません。しかし収入と支出のバランスが、借金をしなければ維持出来ないのであればそこに問題があります。もっと収入を増やすか、支出を減らすしか道はありません。時々ですが生活苦などで苦しんでいたり借金をしている人を客観的に見てみると、もっとこうすればいいのに…と思う事があります。例えば月に手取り12万円のアルバイト(フルタイム・社会保険無し)で生活している人の場合は、派遣社員(フルタイム・社会保険あり)などで働けばその倍は給料がもらえる可能性もあるのです。本人は気付いていないかもしれませんが、他人から見たら改善点がわかる場合もありますので、身近な人に状況を説明して客観的に判断してもらうのも生活を改善する上では大事なのかもしれません。さて、個人再生のもう一つのデメリットとしては手続きの複雑さと難しさにあります。やり方を完璧に理解し、間違いなく書類などを準備して手続きを行えるのであれば自分で出来ない事も無いですが、自分で最期までやり遂げられる人はごくわずかかもしれません。そのため、個人再生をしたい場合は司法書士や弁護士に依頼をするのが一般的な方法となっています。自分でやると時間もかかる上に精神的な負担となる事が多く、あまりメリットもありません。個人再生を行うと官報に載ってしまうというデメリットもあります。官報は国が発行する情報誌のようなものですが、これには破産や相続関係の裁判内容が掲載されていたり、法律の改正などの情報が載せられています。一応官報は有料制なので一般人や業者の全てがこれを見ているわけではありませんが、役所や法律事務所など、これらの情報が必要な機関では官報を購入しているケースが多いのです。自己破産と個人再生は官報に載ってしまいますが、このような種類のものを有料で見たいと思う人達はごく少数であり、仕事などで必要性を感じている人達が購入することが大半なので、一般人はあまり購入しません。そのため知人などに借金問題で個人再生をしたという事を知られてしまう可能性は限りなく低いと言われています。保険会社や金融機関に就職をする際に、過去に自己破産などをしていないかなどを調べられる事があります。債務整理の種類によっては債務整理をした事によって就ける職業が限られてしまう場合もありますので注意が必要です。しかし一般企業や普通の業種に就職する場合にはそこまで支障をきたす事もありません。個人再生は借金問題に頭を悩ませる事がほぼ無くなり、平穏な日常を取り戻す事が出来る可能性ができる代わりに、債務整理を行った後の行動に上記のような制約がかけられてしまう事があります。出来る事なら個人再生のお世話になどならない方が良いのですが、借金の額と毎月の返済額によってはさっさと個人再生をした方が楽になる事もありますし、失う物が少なくて済む場合も多いです。多額の債務に苦しんでいるのならば、借金の問題に詳しい弁護士の元に相談に行くのが解決への第一歩になります。今残されている借金額と、最低でも返済までにかかる月数・年数を計算し、返済までの道のりについて考えてみましょう。もしも借金を借金で返すような事になっている場合はきっと数年後も借金を減らす事が出来ていないはずです。そんなケースの場合は個人再生をして借金を清算すれば、借金を完済した後は自分の事にお金を使う事が出来るようになりますし、貯金なども出来るようになるかもしれません。毎月の返済で頭が痛いという方は一度弁護士事務所の無料相談に行ってみましょう。

関連ページ

費用について
個人再生にかかる費用について
個人再生手続きの流れ
個人再生手続きの流れについて理解しよう
自己破産との違い
個人再生と自己破産にはどんな違いがあるのか
必要な書類について
個人再生で必要な書類について
住宅ローンを解決する
個人再生で住宅ローンを解決する方法について
個人再生とは?
個人再生とは?債務整理についてのポイント