MENU

個人再生手続きの流れについて理解しよう

今回は個人再生手続きの流れについて見てみましょう。借金問題を早急に解決したいと思い、弁護士に依頼する事を考えている人は意外と多いものです。TVなどで借金に関するCMをよく見かけるという事は、それだけ借金について悩んでいる人が多いという事でもあります。需要が多く見込めるからこそCMを出せているわけです。なので借金の問題について弁護士に相談するなんて恥ずかしいと思う必要はありません。非常によくある事なのです。そんな借金問題の解決方法の一つが個人再生なのですが、個人再生をするには知識が無い素人の場合、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。普通に生活をしていく上で、このような士業の人達を利用する事はほとんどないですから、依頼方法や探し方について戸惑う人達も多くいる事でしょう。しかし弁護士や司法書士を探したり依頼したりするのは実は結構簡単です。まずは借金問題に詳しい弁護士や法律事務所を探す所から始めましょう。最近ではインターネットが発達していますから、手持ちのスマホやPCなどでお近くの住まいの借金問題を扱っている弁護士・法律事務所を検索して探します。あくまでも借金問題をしっかり取り扱っている弁護士を探し出しましょう。その方が相談をした時も依頼した後も話が早く済みます。また、法律事務所のHPなどで料金システムの確認もしておきます。いくつかの弁護士事務所などが探し出せたら、実際に相談をしてみましょう。対面式で初回相談無料の事務所もあれば、メール相談・電話相談無料の所もあります。相談をした中で一番自分が良いと思った弁護士と個人再生などの債務整理について話を進めていきます。最近ではメールなどでも気軽に相談をする事が出来る弁護士事務所も多くなっていますので、まずはそういった所を利用するのがおすすめです。しかしメールではしっかりしていると思っても、実際に会ってみたらフガフガと何を言っているかわからない爺さんだったという事もありますので注意が必要です。そのためいくつかの弁護士事務所に相談をし、しっかりと選び出す必要があるのです。借金問題は長引かせてしまう事によるリスクが高い悩みの一つです。時には家庭や社会的地位も危うい状態となってしまいますから、まだ余力が少しは残っているうちから相談をする事が大事です。借金の返済が出来ない状態になった場合には個人再生手続きをとるか自己破産になる可能性が高いです。自己破産よりも個人再生手続きの方がリスクが少ないですし、闇金のチラシがわんさか届くといったトラブルも少なくなります。そのため弁護士側でも個人再生が出来る状況ならば、自己破産ではなくこちらを勧めてくる事も多々あります。個人再生手続きの流れとしては、弁護士や法律事務所で委任契約を正式に結びます。これによって法律相談料が発生する事になりますので、まだ他にいくつか法律事務所を相談して回りたい場合には契約の前に一旦保留にしなければなりません。契約を結んだ後は債務整理開始通知が債権者の元に送られ、債権者からの取り立てもストップします。取引経過の開示・利息制限法による総債務額の確定などを経て債務整理の方法について検討をしていきます。もしも個人再生手続きをする事になった場合は弁護士が申立書を作成し、裁判所に申し立てを行ってくれます。申し立ての後は再生手続きが始まり、その際に再生計画案の提出をし、個人の事情に合わせた個人再生手続きに移行していきます。再生計画案認可決定が下されると弁済が実効されていきます。個人再生手続きの流れはこのようになっていますが、弁護士に依頼をした後は弁護士が中心となって動いてくれますので、借金に苦しんで弁護士に依頼をした側がする事と言えば弁護士探しとその後の相談が主となります。必要な事に関しては弁護士が全て教えてくれますので、それに従って動いていればそのうち個人再生手続きまで簡単に進む事が出来るでしょう。依頼者の状況によっては個人再生だけではなく、その他の方法などを検討したり勧められたりする可能性もあります。どちらにせよ大抵の弁護士や法律事務所では債務者にとって一番理想的な手段を勧めてきてくれる可能性が高いですから、色々と疑問点を聞いたり相談に乗ってもらったりしながら進めていきましょう。個人再生手続きは複雑なため、自分で行っていると精神的な負担がかかります。時間もそれなりにかかってしまうので非常に効率が悪いです。弁護士費用の事を心配して一人で悩み続けるよりは、一度無料相談をしている弁護士の元へ相談に行ってみた方が良いと思われます。実際に相談に行ってみるとなんだ、こんなもんか。と思う人も多いようです。複雑な書類などは借金問題に詳しい弁護士に依頼した方が事もスムーズに進みますし簡単に手続き出来ます。気になる弁護士費用は分割払いも出来ますので、今まで毎月多額の返済に充てていたお金を弁護士費用に充ればOKな場合がほとんどです。普通に借金を返し続けていたら、弁護士費用を全て支払い終えるよりも多くの年数を無駄にしてしまう事が多いでしょう。まずはいくつかの弁護士事務所へ無料相談に行く事を目標にし、出来るだけ早めに対策をするべきです。正規の金融業者の借金が返しきれなくなった結果、闇金業者と関わり合いになってしまう人もいます。しかしそれでは事態が悪化してしまうばかりで解決にはなりませんし、更に多額のお金が失われてしまいます。せっかく頑張って働いて稼いだお金なのですから、もっと有効な手段に使わなければ非常にもったいないです。あなたの人生の一部の時間を削って得たお金を利息の支払いという死に金に使い続けるのはムダ意外の何物でもありません。弁護士への相談と個人再生という法的な手段を取る事も視野に入れつつ、様々な方法を検討してみてください。

関連ページ

費用について
個人再生にかかる費用について
デメリットについて
個人再生をするとどんなデメリットがあるか
自己破産との違い
個人再生と自己破産にはどんな違いがあるのか
必要な書類について
個人再生で必要な書類について
住宅ローンを解決する
個人再生で住宅ローンを解決する方法について
個人再生とは?
個人再生とは?債務整理についてのポイント