MENU

夫(妻)の借金の有無調査方法

夫または妻に借金があるかどうかについては、まとまった金額の費用を支払って探偵などを雇えば、夫や妻に知られずに、ある程度の情報を手に入れることは可能かも知れませんが非常に高額な費用がかかります。

 

借金などの個人情報の管理機関がある

かといって、自分だけの力で夫や妻に知られずに借金があるかどうかを調べ上げるのは非常に困難です。
信用情報センターなどの個人情報を管理する機関を使って、今現在の夫や妻の借金があるかどうかや借金があった場合にいくらぐらいあるのかについてを調査することが可能です。

借金の有無は申し出が必要

しかし、信用情報センターなどの個人情報を管理する機関を使って調べるときには夫や妻が自ら申し出る必要があります。
夫や妻に知られないままで借金があるかどうかを調べるのにはこの通り、限界があります。

 

きちんと問題に向き合って真剣に解決したい場合や、夫や妻に対する疑念に決着をつけたい場合は、事態が深刻化する前に夫や妻に借金についての情報を開示してもらうように率直に申し出る必要があります。

 

借金の有無はPFDファイルで確認できる

無事に夫や妻から情報を開示することに了承が得られれば、近頃は、信用情報センターの公式サイトにアクセスして、そのサイトから夫や妻の情報を入力して手続きを行うと、PFD形式のファイルで、すぐに夫や妻の借金があるかどうかについての情報が確認することができるようになっているため、状況が深刻化してしまう前に情報を得ておく必要があります。
信用情報センターから情報を開示してもらう手続きは百円か千円単位の費用を支払う必要があるため公式サイトで確認するようにします。