MENU

借金圧縮の方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

債務の返済が負担になっていませんか?長期的に返済をしていると、金利がかかり、考えていた以上に金額が膨らむことで債務地獄に陥ることがあります。そんな時は債務の負担を減らすため、専門的な弁護士に相談し、債務の圧縮をすることがオススメです。

 

最近では無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所も増えています。弁護士に相談するのは抵抗があるかもしれんませんが、専門的な弁護士は債務に関する知識をたくさん持っているのです。
一人で考えずに弁護士事務所へ債務の相談をしてみることをオススメします。
それでは債務の圧縮とはどういうものなのかを、これから説明していきたいと思います。

 

債務の圧縮をする「個人再生」

 

債務の圧縮をするには、債務の元本を圧縮して将来の利息の負担を軽減し、
返済を楽にしてくれる方法で、「個人再生」と呼ばれる法的手続きがあります。

 

個人再生のポイント

個人再生の手続きをおこない債務の圧縮をするにはいくつかの大事なポイントがあります。

 

個人再生の手続きを行うためには、返済方法の再計画案を裁判所に提出することが必要になりますので、まず大事なポイントは、毎月固定収入があるかどうかという点です。固定収入がなければ再計画案を作るのは難しいですよね。

 

再計画案を裁判所に提出し、新しい返済プランが認可されると、債務総額が減らされた上で3年間にわたって債務を返済することになります。固定収入があることなどのポイントはありますが、債務が圧縮された状態で返済することができるので、楽になるかと思います。個人再生の法的手続きは専門知識が必要になるため、専門的な弁護士に依頼するとよいでしょう。

 

よく聞くことのある「自己破産」を行うと、債務のすべてが免除になるというメリットがあります。ですが自己破産にはさまざまな制約があり、自己破産をなんとか避けたいとおもっている人は多いとおもいます。自己破産を避けたいのであれば、「個人再生」の法的手続きをおすすめします。

 

弁護士に依頼するにはどうすればいいか

 

実際に弁護士に相談するということは人生の中でもあまりないかと思います。
しかし債務の圧縮をするには債務問題に実績のある弁護士を選ぶのが一番の近道です。

 

個人再生は法的手続きが必要になりますし、個人で法的専門知識はある人は少ないかと思います。

 

今はインターネットなどで調べることもできますので、実績がある弁護士事務所をさがしてみましょう。

 

弁護士選びのコツ

初めての人は無料相談できる弁護士事務所を探してみましょう。

 

個人再生の手続きをするには、固定収入があるかなどいくつかの条件があります。まずは自分が抱えている債務の圧縮ができるかどうかは、実際に相談してみないとわからないものです。今はインターネットで調べれば、たくさんの債務問題を専門にしている弁護士さんが見つかるはずです。

 

最初のメールによる相談や、電話相談が無料で行える弁護士事務所も多いので、気軽に相談してみてください。
親しい人には気軽に相談できないほど、債務問題はデリケートなものです。

 

弁護士事務所を探す際に、必ずプライバシーを守っている実績がある弁護士事務所を探すよう気をつけてください。弁護士は、依頼人の収入面など様々なことを考慮して、どうすれば一番いい方法で債務問題を解決できるかを考えてくれます。債務問題は早く解決することが大事ですので、弁護士に相談することをオススメします。

 

債務の圧縮はこれくらいできる

 

たとえば借り入れを消費者金融からした場合では、どういった債務の圧縮をするのか、ご紹介したいと思います。

 

500万円の債務を負っている場合、利息制限法によって計算しなおしますと、300万円が債務の残高になります。個人再生の手続きを弁護士に依頼して行い、わずか100万円まで債務の圧縮に成功した方もいらっしゃいます。しかも利息がない状態になりますので、今後の3年間の間に100万円の返済なら、今までの負担に比べるとかなり軽減されるでしょう。

 

借入先によっても異なりますが、個人再生による債務の圧縮がどの程度できるかは、債務の総額によって法律で「最低弁償額」決まっていることを知っておくと良いでしょう。

 

たとえば債務総額が100万円以下の場合は総額がそのままになりますが、500万円までの場合は100万円まで圧縮が可能です、さらに500万円から1500万円までの場合は総額の5分の1まで債務の圧縮が可能といわれています。

 

注意することは、これはあくまで原則のため、債務の圧縮が最低弁償額に届かないこともあります。債務総額をゼロにすることはできませんが、この最低弁償額が重要なので覚えておいてください。

 

債務を圧縮することによって起きるデメリット

 

法的な手続きによる個人再生を手続きすることによってメリットと、自己破産などの他の債務整理と同じく注意すべきデメリットが発生します。

 

借金圧縮は自分では難しい?

まずメリットは、元本が減ることとマイホームなどを持っている場合、そのまま維持することができる事です。

 

そしてデメリットのほうですが、まず個人再生の手続きを行うには、最低でも半年ほどの時間が掛かります、債務者は債権者への返済を、この手続きの間は行う必要はありません。しかしほかの債務手続きに比べると手間がかかってしまうのです。

 

そのため手続きするのは複雑になってしまいますので、自分で手続きをするよりも、弁護士に依頼することで裁判所への対応などをお任せしたほうがスムーズに進みます。

 

また個人再生の手続きを行うと、、住所や名前などの個人情報が官報に記載されてしまいます。プライバシーを完全に守ることはできませんが、一般の方で誰が債務の圧縮をしたかなどをチェックするために官報をよんだりすることは少ないと思いますので、知人や親しい友人にバレるようなケースは少ないようです。