MENU

借金で後悔しているなら弁護士をネットで見つけて相談しましょう

.お金は借りないのが一番よいというのは、誰にも共通してある認識だと思います。

 

しかし、現代のように、ネットショッピングをするにも、コンビニで買い物をするにも、定期券を利用するにも、公共料金の支払いをするにも、すべてがクレジットカードを中心にまわっているような状態では、誰でも多かれ少なかれ借金をしている状態だということです。

 

それが順調に返済できるかどうか、無理な借金をしてしまっていないかどうかが、借金で悩む人と悩まない人とのボーダーラインだとも言えます。
とはいえ、自分は返済できるし無理のない範囲でしかお金を使っていない、と思っていた人も、全体の返済額を見ると知らず知らずのうちに大きな借金を抱えてしまっていることもあります。

 

総額がふえるほど利息がもふえていきますし、一度増えてしまった借金は、簡単に支払い終えることはできません。
そういった後悔をしつつも返済額が大きすぎてどうしようもなくなってしまった人は、専門知識のある弁護士に相談することも、一度考えてみるとよいのではないでしょうか。

 

借金問題解決方法おすすめは・・

借金を後悔する気持ちは理解できますが、一人で悩んでいても残額が減ってはくれません。
一刻も早く、解決にむかって対策を練っていくことのほうが大切です。
早めの解決をおすすめするのには、理由があります。

 

利息がふくらんでいって、さらに借金が大変になるというのはもちろんなのですが、何より、借金を抱えていることで債務者本人が精神的に追い詰められてしまうことをまず防止してほしいのです。
精神的に追い詰められると、判断力が鈍ったり、適切な対処ができなかったりして、さらに借金の状態が悪化してしまう可能性もあるからです。

 

弁護士に借金問題を相談するとどうなるか?

弁護士が借金問題に着手すると、まず、債権者からの返済請求がいったん止まります。
債務整理の計画を立てて、それを実行するまでは、債権者が具体的に返済をせまることができなくなるということです。
これだけでも、債務者は借金のプレッシャーからひとまずのがれて、冷静に今後の返済計画を考えていくことができるので、弁護士に依頼するメリットは大きいと思います。

どうやって借金問題の弁護士を探すのか

まずはネットなどで弁護士事務所を検索して探し、無料法律相談が行われていればそれに予約しましょう。
現在は多くの事務所で、初回の相談を無料で行っており、予約をすれば土日も対応してくれるところがほとんどです。

 

遠方ならメールで相談を受け付けてくれるところもありますし、フットワークの軽い事務所であれば訪問して相談を受け付けてくれるところもあります。
弁護士は、借金問題が解決するまで何度かやりとりをして相談を重ねなければいけない相手ですので、弁護士との相性もある程度必要になってきます。

 

弁護士ととりあえず会ってみる

ぜひ、依頼するかを決める前に、無料相談に行って、実際に依頼するとしたら担当してくれる弁護士は誰か、その人との相性はよさそうか、などを肌で感じて判断してほしいと思います。
正直なところを言えば、第一印象だけで弁護士の仕事への取り組み方まで判断することはできないのですが、会って話をすることで多少なりとも感じ取ることはできるのではないでしょうか。

 

依頼したあとどうしても相性が悪ければ、担当弁護士を変更してもらうことも可能ですので、それを視野に入れるのであれば、借金問題を専門で扱っていて所属弁護士が多い事務所を選ぶのも、一つの方法かもしれません。

 

借金問題を依頼する時には

また、弁護士に依頼する際に気になるのがその料金です。
弁護士に依頼してかかった費用も、分割で支払うことが可能であったりするものですが、あまり高額だと借金問題の解決を依頼した意味がなくなってしまいます。

 

見積もりを出してもらうのはもちろんですが、それ以外に実費などが加算されるとすればいくらか、借金問題が望み通りの解決をしなかった場合の費用はいくらかかるのか、など、細かい部分についてもすべて確認しておくと、後々のトラブルを回避することができるでしょう。
借金問題は支払の免除や減額だけでなく、過払い金の返還が請求できることもあります。
借金の利息として支払ったものが返還されてくるのは嬉しいものですが、これについても殆どの場合は弁護士が成功報酬として何割か受け取ることになりますので、そういった際の基準などについても詳しく交渉しておくことをおすすめします。

 

いずれにしても、債務整理の過程は多くの煩雑な作業があり、個人ではなかなか処理できないのが実情です。
また、金融機関との交渉も、個人では難しいですが、弁護士を通して要求すると減額請求が受け入れられたり、分割交渉ができたりするものですから、やはり、専門知識のある弁護士に依頼するほうがスムーズに、また、メリットの多い交渉ができると考えたほうがよいでしょう。

 

裁判所を通しての解決が必要になったときも、もちろん個人で債務整理について申し立てる権利は認められているのですが、この場合も資料の準備や請求の基準など複雑なことが多くなります。
一日も早い解決がこれ以上借金を増やさないことにもつながる借金問題は、やはり弁護士に依頼したほうが確実であると言えるでしょう。