MENU

借金は死亡したらどうなるの?

借金苦で自殺をする方が後を絶ちません。そんな時、借主が作った借金の返済はどうなるのでしょうか。

 

そうなると、取り残された家族はどうすればいいのでしょうか。借主が死亡した場合、他の人に支払い義務が発生してしまうのか、それとも借金は帳消しになってしまうのか。借金をしている方にとっては、気になるところではないのでしょうか。

 

借金をしている方、これから借金をする予定のある方は、あらゆる場面を想定し、トラブルがないように努める必要があります。それでは、借金を残して借主が死亡してしまうケースについてご紹介します。もしもの時に、ぜひ参考にしてください。

 

相続と負債の関係

例えば、親が借金をしてそのまま返済をせずに死亡した場合はどうなるでしょうか。
この場合の借金は、相続人になる配偶者や子供が負債を引き継ぐことになります。

 

相続と聞くと、家や土地、お金などの財産を引き継ぐイメージではありますが、それは決してプラスのものだけではなく、借金のようなマイナス財産も引き継ぐことになっています。借金があっても、資産が多くあり、差し引きプラスになれば良いのですが、負債のほうが多いケースもあるかと思います。

 

このような場合でも、残された相続人が借金を引き継ぐこととなっています。そのため、借主がもし死んでしまっても、帳消しになることなく、相続人に経済的な負担がかかることとなります。借金は、闇金のような業者だけではなく、カードローンなども含まれます。

 

家族が亡くなった時の財産相続は、詳細に内容を理解しておく必要があります。日頃から、家族と話し合い、現状を把握しておきたいものです。しかし、突然夫が亡くなった場合、法定相続人に当たる妻が専業主婦などであった場合、収入が少なく日々の生活がやっと、という場合もあるかと思います。

 

このような状況では、夫の多額な借金を返済するのは非常に難しいことです。このような場合にできるのが、「相続放棄」です。

 

相続放棄とは?

 財産の相続は、マイナス資産も含まれるので相続人が借金を引き継ぐことになります。あまりにも、多額な借金で支払いが困難な場合は、「相続放棄」をすることができます。相続放棄を行えば、借金を背負う必要はありません。相続放棄の仕方は、借主が亡くなって3か月以内に家庭裁判所に申し立てをすることです。

 

しかし、生前に内緒で借金をしているケースが少なくありません。そのため、亡くなった後に判明することが多いのです。借金を引き継ぎたくないのであれば、早めに相続放棄の手続きを行いましょう。複雑な手続きであるので、弁護士などの法律の専門家に相談するのがおすすめです。

 

限定承認という方法もある

また、相続放棄には、限定承認と呼ばれる方法があります。プラスの資産とマイナスの資産どちらが多いのかわからない場合があります。こうした場合に、相続したマイナスの財産を相続したプラスの財産から弁済し、債務超過の場合は相続人固有の財産で弁済する責任を負わない、というのが限定承認です。
清算の結果、残った財産は、相続人が引き継ぐことになります。借金を抱えずに、財産を相続できるため安全な方法といえます。この相続にも、手続きが必要になるため、相続放棄と同様に3か月以内に家庭債場所に申し立てしなければなりません。
しかし、家族が亡くなった哀しみの中、色々と面倒な手続きは、ストレスや心労が心配です。とても面倒だと感じる方には、ぜひ、弁護士に依頼してみてください。正確に手続きを進めてくれます。

 

全員が放棄した場合は?

プラスの資産もマイナスの資産も引き継ぐ相続です。そのため、相続放棄を行えば、プラスの資産もマイナスの資産も引き継がないことになります。

 

例えば、法定相続人である配偶者が相続放棄を行うと、次の順位にある子供に相続義務が発生します。そして、法定相続人全員が借金を引き継がないように相続を放棄する場合があります。

 

相続放棄しても義務は残る

すると、借金を支払いする義務を相続する人はいなくなりますが、保証契約上では返済義務は残っています。このようなケースでは、連帯保証人のみが返済義務を背負ってしまうことになるのです。

 

返済可能な額であればいいのですが、借金が高額すぎて返済不可能な場合もあるかと思います。この場合は、連帯保証人が自己破産や民事再生などの債務整理手続きにより、債務から逃れるしかありません。借金を残して亡くなってしまった場合は、誰が債務を引き継ぐのかそれぞれのケースで異なり、トラブルの原因となります。不安な場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。
本来、自分の借金ではないものを返済するのは、非常に納得がいかないものです。トラブルを起こさないためにも、やはり日頃から家族との話し合いは必要です。

 

貸主は死亡した場合は?

貸主(お金を貸す人)が亡くなってしまうケースもあります。返済中に貸主がなくなったら、借りたお金は返さなくても良いのでは?と思っている方が、意外と多いのです。
貸主が死亡してしまっても、その家族や親族に借金を返済しなければなりません。貸主の財産を相続する家族がいるので、貸主の相続人が相続を放棄しない限りは、借金を返済しなければなりません。

 

相続人がたくさんいる時は注意?

ここで、複雑なのは相続人の数です。配偶者一人だけの場合や、子供何人にも分けて相続を分割するケースなど様々な形があります。そのため、亡くなった貸主の相続人一人から借金の回収を依頼されても、本当にその人だけが権利を持っているかどうかは、わかりません。

 

将来的に、金銭トラブルに発展する可能性も多いにあるので、このような場合は弁護士に相談しましょう。
貸主が死亡した場合は、遺書や遺産分割協議書などの提出を求めて、相続関係を明確にした上で借金返済を行わなければなりません。やはり、複雑な手続きになりますので、弁護士に相談したほうが、トラブルなく確実に話を進めることができますし、安心できます。

 

無駄な返済をしないためにも、弁護士の力をかりたほうが良さそうです。