MENU

借金で生活苦しいなら弁護士をネットで見つけて相談しましょう

.簡単な気持ちでつい借りてしまった借金が、分割で支払いをしているうちに利息がかさんで、気付いたら大きな借金になっていた、ということはよく聞く話です。
不動産や車などかなり高額の買い物をするときには、最終の返済までの計画を立て、利息まできっちりと計算をして総額を出してみる人がほとんどだと思いますが、日々のクレジットカードでの買い物や生活費の支払などについては、あまり「借金」という感覚なしにどんどん使ってしまう人が少なくないのではないでしょうか。

 

最近ではクレジットカードを何枚も持っている人も多いですし、銀行のカードローンもほとんどの銀行で発行されており、簡単にATMでお金を引き出すことができます。
気付かないうちにどんどん借金がふくらんでいて、請求が来てもさらに分割にして先延ばしをし、最終的には支払える金額ではなくなっていた、というケースが後を絶ちません。

 

そうなってしまうと、日々の食費などこまごまとした現金でさえ、使える額が限られてくるようになり、じわじわと生活苦に追い込まれていきます。
こういった事態から抜け出すためには、まず誰かに相談をしてみることが必要です。
借金の問題はとても個人的なもので、誰かに相談するのも難しく、家族に話すのも気がひけて、一人で抱え込んでしまうことが多いものです。

 

借金問題の解決には法律の専門家に任せよう

そして、自分で何とかしようとするあまり、さらに借金を重ねてしまい悪循環に陥ってしまうことが多いのも、借金問題の恐ろしいところです。
そうならないためにも、法律的な知識のある専門家に、解決策を相談してみてはどうでしょうか。

 

借金問題の専門家を探す方法

弁護士に知り合いはいないし、どういうふうに相談したらよいかわからないし、と尻込みしてしまう人も少なくないと思いますが、誰でもはじめて相談するときには踏ん切りが必要なものです。
今はインターネットでたくさんの弁護士事務所を検索することができますし、弁護士側も、自分の経歴や顔写真、得意分野などを公開して、どのような弁護士であるか知ってもらうよう心がけているようです。

 

自分が通える範囲にどのような事務所があって、どんな弁護士がいるのか、まず調べてみましょう。
専門分野もさまざまで、どの弁護士も複数の専門分野をあげていますが、得意な順、または弁護士本人が力を入れている順に専門分野が並べられているといってよいと思います。
借金問題を得意分野にあげていないからといって、借金問題を担当できないわけではないのですが、そもそも借金トラブルに積極的に対応したいと思っているかどうか、今までにも処理した経験が多くあるかが、弁護士を選ぶポイントになると思います。

 

借金問題に強い弁護士を探す

それを考えれば、事務所全体で借金問題を専門として宣伝している事務所のほうが、相談しやすいかもしれません。
さまざまな借金問題を担当してきた弁護士であれば、その後の事務手続きもスムーズに進むことでしょう。
借金で生活が苦しくなっている中で、なんとか解決してもらえないかと弁護士に相談しているわけですから、できるだけスムーズに、こちらへの負担が少ない方法で、解決にむかって手続きを進めてくれる弁護士が望ましいですね。

 

弁護士との相性も必要?

とはいえ、借金問題の解決も弁護士との相談や交渉の中ですすめていくもの。
弁護士との相性もひとつの大切な要素になります。
借金問題専門の事務所は、あまりにシステム化されていて機械的に処理されている印象を受けた、また、弁護士でなく事務員がほとんどの対応をしてあまり信用できなかった、という声がきかれることもあります。

 

無料相談もあります

実際に見てみないと分からないところも多くありますので、依頼するかどうか決める前にかならず足をはこぶことをおすすめします。
現在はほとんどの法律事務所で、初回の法律相談を30分〜一時間程度無料で受け付けているようです。

 

また、電話である程度の情報のやりとりや説明を受け付けてくれるところもありますので、生活苦の中で働いていてなかなか複数の事務所を比較検討する時間が取れない人にも嬉しいシステムですね。

 

借金問題を依頼する時には・・

無料相談を経て、だいたいどの弁護士に依頼するかどうかが決まってきたら、依頼したあとの費用がどのぐらいかかるかも、再度確認しておかなければならない大切なポイントです。

 

もちろん、弁護士を探す際に料金も確認はしておくべきですが、契約書にサインする前にはさらに、あらかじめ最高でどの程度かかるのか、別途費用はかかるのか、かかるならどれぐらいか、ということを細かく確認しておく必要があるでしょう。
弁護士報酬自体には弁護士会の規定がありますが、追加の実費や契約の形態などによっては差が大きくなることもかんがえられますので、よく比較して検討するべきです。

 

ホームページなどに金額を明記している場合は安心できますね。
借金問題は、信用問題にもつながることですし、利息のことを考えると一日も早く解決することが望ましいです。
専門家の手を借りて、解決にむけてスタートしましょう。