MENU

借金する時の言い訳で使える文言

借金をする時の言い訳を考えるという事は、普通に理由を話したら他人に呆れられたり、怒られたりしてしまうからだという事でしょう。

 

どうして借金するのか

借金の理由としてすぐに思い浮かぶのが生活費のためや医療費のためです。しかし実際には普通にフルタイムで働いて生活していれば、医療費はともかく生活費が困窮する事はあまりありません。

 

とてもお給料が安く、月々の手取りでは暮らしていけないという場合には、そもそもお話にならないから転職を考えなさいという事になるでしょう。

 

生活費が困窮して借金をしたにしても、もしもその理由がギャンブルや欲しい物を考えなしに買ってしまった事によるものだとしたら、それをそのまま家族や同棲相手などに正直に打ち明けるのは少し躊躇してしまいます。

 

話し方によっては、夫婦や恋人の中に亀裂が入ってしまう事もあります。責められたり怒られたりする可能性だってあるでしょう。

 

どうやって借金の事を伝えるか

こうならないためには、出来るだけうまく借金の事を相手に伝えなければなりません。相手を怒らせないように、相手に仕方の無い借金と思ってもらえる方法は何か無いのでしょうか?

 

借金癖のある人は・・

借金をする人は繰り返し借金をしてしまう傾向にあります。これは借金癖と呼ばれていますが、借金癖がある人は借金で苦しんだ経験があるにも関わらず、何度も繰り返し借金をしてしまったりします。

 

この手のタイプの人達は金銭に無頓着であったり、もしくは金銭管理が苦手だったり、無駄にポジティブで楽観的だったりします。中には精神的な病で自己管理が出来なくなってしまっている人も若干存在します。

 

そんなこんなで出来てしまった借金ですが、これがバレてしまった時にできる言い訳はいくつかあります。

 

まずは普通に生活費の支払いのためというのが使えます。しかしこれはまだ常識の範囲内の借金額を持っている人が使える手です。50万円手前までならば生活費を毎月使い過ぎてしまったで済むかもしれませんが、それ以上となると何に使ったの!?と詰め寄られてしまう事も多々あるでしょう。

 

こういった場合には、実は会社の業績が悪化して給料が下がってしまったという言い訳を使う事も可能かもしれません。普段の金銭感覚でお金を使う生活が続いてしまったと言ってみれば少しは納得してくれる可能性もあります。

 

数百万単位の借金を抱えてしまった場合、家族に内緒でやっていた週末起業や副業の事業が失敗したと言うしかないかもしれません。

そんなに借金の言い訳はできない?

どちらにせよ言い訳が通じるのは多くて数十万円までで、それ以上になると相手が納得のいく言い訳の理由を考える事自体が難しくなってしまいますから、不用意に借金を増やさない努力をしたり、出来るだけ家族に内緒でアルバイトをするようにして完済までこぎつけるしかありません。

 

借金癖がある人は、周囲から細かい借金を重ねて気付けば借金額が膨らんでしまっている事も多いです。ガス代や電話代など、ちょっとしたお金を何度も人から借り続けたりします。結局周囲の人間の誰かがとりあえず助けてくれるという経験則と甘えが次なる借金を生み出しているのです。

 

しかし家族ならともかく、友人に借金ばかりしていると、いずれ見放されてしまい、大切な友人を失ってしまう事になるかもしれません。

 

借金は本人だけではなく、時には家族や友人などの周囲の人達を巻き込んで迷惑をかけてしまう事もあります。なんやかんやと理由を付けて小金をチョボチョボ借りる習慣を矯正しなければ、いつまでたってもお金が無い人になってしまいます。

 

そうなればいずれは皆が楽しく買い物をしたり遊んだりしている時に、お金が無くてつまらない思いをする年寄りになってしまうだけです。

 

周囲の人からお金を借りる際に、生活費や収入が厳しい事を理由にする人も多いですが、これらが常習化しないように気を付けましょう。

 

消費者金融から借りるとどうなるか?

いよいよ周囲にお金を借りる事が出来なくなった場合、消費者金融などからまとまったお金を借りてしまう人がいますが、これもNGです。銀行系カードローンとは違い、消費者金融はなかなか元本を減らせないようなシステムになっている場合があります。

 

このような所からお金を借りれば、今まで知り合いや家族に借りていたのとは違って利息を払わなければならなくなります。もともと入ってくる以上に使う生活をしており、お金が足りなくなって消費者金融などから借金をしているのであれば、月々の返済で借金が減っていくどころか、そのうち借金は膨れ上がっていってしまいます。

 

こういった人達が借金を完済するためには、どうしても金銭感覚と生活水準の見直しをしなければならないと言えます。

 

月々に必ず出ていく固定費はいくらで、自由になるお金はいくら、とまず算出してみて、その中でやりくりしていくようにしなければなりません。

 

今までのお金の使い方を見直す事が非常に重要になるのです。生活や遊ぶために必要なお金が足りない時、普通の人はどこかで帳尻を合わせるか我慢をします。

 

借金をする人の考え方

しかし、お金が足りない=借金という考え方をする人の場合はいつまでも借金地獄が終わらないばかりか、いずれ借金が返しきれなくなって破滅してしまいます。借金で得たお金は一時的には財布が潤いますが、いずれ返していかなければならないマイナスの資金であるという事をしっかりと自覚しましょう。