MENU

借金で辛いなら弁護士をネットで見つけて相談しましょう

借金を背負いこんでしまったとき、誰にも相談できないと一人で悩んでしまっていないでしょうか。
多額の借金であれば、もしかしたら身内がその保証人になってくれているかもしれません。
その保証人に迷惑をかけまいと、なんとか返済をしようとしていませんか。

 

もちろん、借金を返済していくことは大切なことですが、自分ではどうしようもないほど借金がふくらんでしまうと、他のところからまた借金を重ねたり、利率の高すぎるところからも仕方なく借金をすることになったり、悪い方へと転がっていくことが多いのです。

 

借金問題、まずは専門家に相談

借金の返済がどうしても苦しいと感じたら、専門家に借金返済の方法を相談してみるものよいと思います。
弁護士は、そういった借金問題を解決できる専門家のひとりです。

 

法的な手続きをとってもらうことで、自分にもデメリットはあるものの、少なくとも現在の借金で首がまわらない最悪の状態からは脱することができます。

 

場合によっては、違法とされている高額な利息をつけて返済していた人には、その過払い分を返還するよう金融機関に要求することもできます。

 

債務者自身では、債権者と直接交渉するのはなかなか難しいものですが、弁護士が介入することで、債権者との交渉がすすむこともあります。
なにより、弁護士が介入したと債権者に連絡した時点から、いったん借金返済の要求がストップします。
返済に迫られて精神的にも追い詰められてしまう事態から、ひとまず一息つくことができます。

 

その後、弁護士とよく相談して、今後の債務整理の方向を考えていき、手続きをとっていけばよいのです。
弁護士に依頼すると、たしかに安くはない弁護士費用を支払う必要が出てきますが、多額の借金や利息をこの後も抱え続けていくことを考えると、一刻も早くいったん借金に整理をつけて、次の行動を考えた方がよいのです。

 

そのことを考えると、弁護士費用を支払ってでも、専門家に依頼して借金問題の解決をしてもらったほうが賢いといえます。

 

借金問題に強い弁護士を探すには

弁護士をさがすには色々な方法があります。
各弁護士会に設置されている法テラスで弁護士を紹介してもらうのも一つの方法ですが、こちらから自由に弁護士を指定することはできません。

 

弁護士事務所が独自のホームページを持っていることがほとんどですので、
ネットを利用して弁護士を探すのが早道といえるでしょう。

 

ホームページの情報には、弁護士の経歴や得意分野が書かれていることが多いです。
債務整理を得意としている法律事務所の弁護士を探すと、相談するときにも話がスムーズに進むでしょう。
最近は、借金問題に特化している法律事務所も増えてきましたので、借金問題解決をメインにして経験を積んでいる弁護士もすぐ見つけることができるのではないでしょうか。

 

すぐに具体的な相談に入るのは誰でも難しいと思いますので、
各法律事務所の無料相談を利用、最初の相談をしてみましょう。
今後何度かやりとりをして借金解決までつきあわなくてはならない弁護士ですから、相性が良いかどうかも大切です。

借金問題を依頼する時には・・

もし依頼することになった場合に実際に担当する弁護士に会わせてもらい、話をしてみましょう。
弁護士事務所によっては、借金解決をメインにしているために相談もシステム化しすぎており、あまり親身になって処理されている気がしなかった、などという意見も聞かれます。

 

または、さまざまな案件を担当している法律事務所に依頼したら、担当になった弁護士が借金問題にあまり熱心でなく、解決までにだいぶ時間がかかってしまったというパターンもあります。
依頼してみてこんなはずじゃなかったということにならないよう、契約を結ぶまえによく話をつめておくことが必要ですね。

 

弁護士だけじゃない、借金問題の専門家

専門家に相談するのがよいと書いてきましたが、本人以外で債務整理の手続きをすることができるのは、弁護士と司法書士です。
もし弁護士よりも相性のよさそうな司法書士が身近にいた場合は、そちらに借金問題解決を依頼してもよいかもしれません。

 

本人でもできる債務整理の手続きではありますが、準備しなければならない資料や、手続きの方法などが案外複雑なので、申立ての修正が重なって時間ばかりかかってしまったり、申立て内容が間違っていて本人に不利益になったりと、あまりおすすめできる方法ではありません。
やはり専門家に依頼することをおすすめします。

 

債務整理の方法いろいろ

債務整理の方法は、債権者と直接交渉して支払金額や分割方法を再検討する方法、裁判所を通して借金返済の方法を再検討したり減額されたりする方法、裁判所を通して借金を免除してもらう方法などがありますが、いずれにもメリットとデメリットがあります。

 

どの方法が一番自分に適しているのか、弁護士とよく相談して今後の方針を決めていきましょう。
自分ひとりで悩んでいても、利息がかさんで借金が増えていくばかりです。

 

債務整理には資料を整えたり、さまざまな情報を収集したりと、債務者自身にも面倒なことが多いですが、
早めに弁護士などの専門家に相談すること、
相談して方針が決定したら、その方針にしたがって解決までできるだけの協力をすることを心がけましょう。