MENU

借金の延滞金はどの程度なのか?

借金を借りた時にはすぐに返すつもりだったり、真面目に返済していこうと思う人も少なくないです。しかししばらくするうちに借金の額が膨らんでしまい、返済日に借金を返す事が出来ずに延滞してしまうと、借金の延滞金が発生してしまいます。
あなたにとってはたった一度の延滞であったとしても、借金の延滞金が発生してしまう事でその後の返済のペースが一気に乱れてしまう可能性もあるのです。

 

借金返済で重要!遅延金の把握

借金を返済するためのお金を返済日までに用意できればベストですが、どうしても用意する事が出来なかった場合に発生する遅延金についてしっかり把握しておかないと、借金が膨らんでしまう可能性もありますし、無駄にお金を払わなければならなくなりますから注意したいものです。

 

借金の返済が遅れた際に支払う事になる遅延損害金は、簡単に言えば借金返済期日を守らず、返済の義務を怠った事に対する損害賠償のようなものです。

 

借金の遅延金は国が定めた法律のおかげで制限利率の1.46倍までと定められています。そのため金融業者もこれ以上の遅延損害金を債務者から取る事は出来ません。

 

遅延金を甘く見てはいけない?

しかし、だからといって遅延損害金の利率が甘いかと言えばそうではありません。例えば年率20%の場合は1.46倍すれば29.2%となります。

 

借金の額が100万円を超えると年率が少し下がるので、その分遅延金の利率も減ります。ですが金融業者の中には、出来るだけ顧客からお金を搾り取ろうとして高額な利率で計算をしてくる所もあるのです。

 

なので出来るだけ遅延損害金を出さないようにし、無駄にお金を支払う事が無いようにしなければなりません。

 

悪徳金融業者からお金を借りてしまった場合、返済日に支払いが間に合わないとしつこい取り立てや嫌がらせをしてくる場合があります。そのため遅延金を渋々支払い続けてしまうという嫌なサイクルが出来上がってしまう可能性があるのです。

 

こうして無駄に支払うお金が発生すればするほど負担がのしかかってきますから、普通に返済期日に支払うお金がまた足りなくなってしまうといった事が起こり得ます。

 

消費者金融だけじゃない!住宅ローンの延滞

消費者金融などの借金だけではなく、最近では住宅ローンが払えなくなるケースも度々あるようです。住宅ローンを組んだにも関わらず、リストラなどで職を失って無収入になってしまったり、転職を余儀なくされて年収が大幅に低くなってしまったなど、住宅ローンの支払いでいっぱいいっぱいになってしまう理由は様々です。

 

しかし住宅ローンを滞納し続けていると、せっかく頑張ってローンを支払ってきたのに、住宅を差し押さえられて競売にかけられてしまう事もあります。

 

もちろん中古住宅という扱いになりますから購入時の値段で売れる事はほとんどありませんし、特に競売の場合は市場価格よりも3割近く安い値段で落札されてしまう事も多々あります。

 

そのためローンが完済される事は無く、家がなくなった挙句返済を続けなければならないという最悪なパターンになってしまう事もしばしばです。

 

競売で売れた金額を差し引いてもローンの残高が数百万円〜一千万円残っているという事もよくある話だそうです。

 

競売後、住宅ローンが残ってしまったら・・

住む家も奪われてしまったのに、高額のローンだけ毎月返済していくというのは全くモチベーションが上がりませんよね?家を奪われてしまったので賃貸物件などに住む事になると思われますが、持ち家の時ですらローンの返済に行き詰っていた人が、更に毎月の家賃まで発生するとなると生活が立ち行かなくなってしまう事もあるでしょう。

 

その為、家が競売にかけられてしまっても高額のローンが残っている場合には、弁護士の所に相談に行って借金を整理してしまうのも一つの手です。

 

家を購入するのはファミリー層が多いですが、これから子供の養育費もどんどんかかってきます。将来子供が望む道に進む為に大学や専門学校に行きたいと言い出す事も考えられます。

 

その際にお金が無いばかりに子供が進学を断念したり、自分で返済をしなければならない奨学金を受けたりするのは、まさに次世代に負の連鎖を受け継がせてしまう事でもあると言えます。

 

どのみち高額のローン返済と月々の家賃を支払い続けたら家庭内でも問題が起こってしまう可能性は捨てきれないので、こうなった時点で弁護士に相談に行く方が支払う金額が少なくなる場合も多々あります。

 

借金の遅延金は業者によって違う

借金の遅延金は金融業者の対応によって違いがあります。遅延損害利率は通常利率から算出されるのでもちろん金融業者で違いますし、アコムやプロミスといった消費者金融では年利20%に設定されています。

 

三井住友銀行カードローンの場合は年利19.94%、りそなプレミアムカードローンの場合は14%、更に遅延損害金が発生しない業者など、遅延損害金をどのくらい支払わなければならないのかは業者次第です。

 

借り入れの際に遅延する可能性もある場合には、ネットで業者の遅延損害金についてからかじめ調べて把握しておきましょう。

 

延金はわずかな日数でも発生する

返済期日に支払いが出来ず、返済が遅れてしまう際に業者に連絡しておくと、支払いの確認の電話などはその日まで無くなるかもしれませんが、遅延損害金はしっかりと発生します。

 

遅延損害金はたった数日延滞しただけにも関わらず数百円以上を取られてしまう事があります。数百円あれば安い店で一食分になります。遅延損害金が800円でこれを毎月支払った場合、一年で9600円になってしまいます。アルバイト・パートの場合は軽く日給分を超える場合もありますね。こういう無駄に支払うお金をカットしなければ、あなたの返済は遠のくばかりです。