MENU

借金返したいがお金ない時の対処方法 弁護士をネットで見つけて相談しましょう

借金を返したいけれど、借金を返すお金がとうとう無くなってしまった・・そんな時は非常に困ってしまいますよね?

 

お金を返済日になっても返済できないと、延滞損害金などが発生して余計にお金を返さなければならなくなり、更に返済のキツさが増してしまいます。

 

また、一番良くないのは返せるあても無いのに返済や借金を放置してしまう事です。半月後や一か月後に給料が入れば返済を行える場合はまだ良いですが、その場合でも先月返済予定だったお金とプラスして返済に回さなければならなくなります。

 

収入が減ってしまったりした場合はそのまま借金の返済が滞ってしまう場合もあります。非常に厄介なトラブルにもなりかねませんし、家族や周囲の人に借金がバレてしまう可能性もあります。

 

金融会社によっては本人に返済を促す連絡をしても連絡がとれなくなってしまった際に、職場や家に電話をかけてくる事もありますし、周囲の人に多額の借金をしている事がバレてしまうのは思った以上に嫌な事ですよね。

 

借金問題は専門家に相談!

いよいよ返しきれなくなる一歩手前まで来てしまったと感じたら、早めに弁護士に相談をし、借金の圧縮など自分にとって一番良い手立てを一緒に考えてもらいましょう。一人で悩んでいてもお金が降ってくるわけではありません。

 

弁護士と契約する際には、やはり借金問題に詳しい弁護士を探し出すのが問題解決の近道です。こういった弁護士を探して依頼をすると、借金の整理の仕方について詳しく教えてくれます。

 

本人の借入れ状況や支払い能力を吟味し、その人にとって一番最適な方法を提案してくれるのでとても心強いですし、借金で夜も眠れないような生活を送っていた人は、気持ちも新たに心機一転頑張ろうという気持ちになるかもしれません。

 

借金問題の解決方法とは

弁護士と共にとれる手段は複数ありますが、そのうちの一つが任意整理です。借金を減額させたり、支払わなくてすむように手続きをしてくれたりします。

 

任意整理は裁判所を通さず、金融業者と弁護士が直接交渉し、借金の減額と過払い金の請求を行います。借金を返すお金が無い場合でも、この方法を取る事によって今後利息が発生しなくなる可能性があり、そうなれば返済したお金は全額元本の返済へと回りますから借金返済までの道のりが短くなります。

 

また、今まで長年利息を支払い続けてきた場合には過払い金が発生している事もあり、その場合には返済額を一気に減らす事も不可能ではありません。

 

消費者金融や闇金の取り立てに苦しめ続けられて北人の場合、弁護士を通して手続きをしてもらう事で速やかに取り立てが止みますし、借金の一部のみを整理したい人はそれが可能なため、車のローンなどは返済を続け、キャッシングなどの借入金についてのみ整理したいという人にも向いています。

 

裁判所を通さないのでどこかで情報が晒される可能性がほとんど無く、人知れず借金を整理する事ができます。過払い金がたくさんあった場合には借金がチャラになる事もありますし、払い過ぎたお金があなたの元へ戻ってくる可能性もあります。

 

なぜ借金問題を専門家に頼むのか

しかしこの時点では金融業者と弁護士間の交渉なので正規の調停ではありません。そのため金融業者側がなかなか交渉に応じない場合もあります。

 

特にどこかの会社に吸収合併されていたり、名前を変えて子会社になってしまっている場合は数年前までの新しいデータしか残していないというケースもあります。

 

そういう所でははっきりとしたデータを取り寄せる事が出来ず、金融業者側が激しく争ってくる場合もありますので非常に厄介です。そういった事が起こりうる場合がありますので、弁護士選びは基本借金問題に詳しい弁護士を選ぶのが無難と言えるのです。

 

どうやって借金問題専門の弁護士を探すのか?

借金を返済するお金が無く、ほとほと困り果てているからといって漠然とその辺の弁護士事務所にふらりと足を運ぶのは得策とは言えません。

 

最近はネットでも借金問題に強い弁護士を検索して探し出す事が出来ます。借金を整理するにしても、自分い最適な方法がどれなのかわかりませんから、ネットなどでそういった事を相談できる弁護士を探してみるのも良いでしょう。

 

資産がある時の借金解決方法はあるのか

自分に家や車など、ある程度資産がある場合、借金の整理の仕方によってはこれらの資産が凍結されてしまいます。家や土地、資産を手放したくない場合は借金の整理の方法についても弁護士と相談した方が良いでしょう。

 

個人再生は債権者に固定収入があり、借入金額を明確化させ、どのように返済を行っていくかの見通しなどを提出して借金の減額化を図ります。

 

この方法で借金を減額させた場合、三年以内に圧縮した借金を完済させる必要があります。そのため債権者に固定収入がある事が必須条件となるのです。

 

三年以内に額が減らされた借金を完済する必要があると聞くと厳しく感じるかもしれませんが、生活費に多少の余裕をもたせた額が提示されるのでそこまで厳しいものでもありません。

 

そのかわり、その後の生活レベルの改善や金銭感覚の見直しは必須となるでしょう。債務整理は住宅ローンがあったとしても、それはそのまま払い続け、その他の借金の債務を整理する事が出来るのが魅力です。

 

個人再生のメリットデメリット

個人再生で借金を圧縮するのはメリットが沢山ありますが、安定した収入が無ければ当然返済計画を立てて提出する事が出来ません。更に金融機関のブラックリストの載ってしまうため、5年〜7年の間、金融機関で新規に借り入れをすることが出来なくなってしまいます。

 

その間に闇金に手を出すような事は絶対に避けてください。また、個人再生の手続きは複雑なため、自力でなんとかしようと思わずに弁護士の手を借りた方がスムーズに事が運ぶでしょう。

 

借金整理と言えば自己破産?

借金を整理すると聞くと、一般の人達が一番に思い浮かべるのが自己破産ではないでしょうか?自己破産は今後の生活のめども全く立たず、とられて困るような資産もない、更に借金を返すお金がない、そしてはなから破産者リストに載ってしまった人が就く事が出来ない職種に就く気も無いという人に向いています。

 

自己破産をする場合、自分の生活に必要最低限の財産のみを残し、後の全てを借金の返済に回す事で借金を帳消しに出来る制度です。

 

自己破産の注意点

この際、自分の借金に保証人がいた場合、その人に迷惑がかかってしまう事がありますので注意しましょう。額によっては保証人になってくれた人まで社会的な信用を失ってしまいます。

 

ちなみに保証人になっていなければ自己破産をしても家族が代わりに支払う義務も生じません。多額の借金がチャラになるのですからメリットしかないように感じる方もいるかもしれませんが、当然新規の借り入れが7年間出来ませんし、ブラックリストや官報に破産者としてリストアップされます。

 

ギャンブルの借金は自己破産出来ない?

ギャンブルが原因の借金は自己破産をする事が出来ませんから注意が必要です。しかしギャンブルに使ったとしても、あなたの口座は入出金記録のみのため、ギャンブルに使った証拠はありませんから生活費の為など、何とでも言い繕う事が出来る可能性も残されています。

 

闇金などでパチンコ屋の前で借りるような事をしている場合は自己破産は出来ませんが、そもそも闇金の場合は違法業者なので返済の義務すら生じません。

 

こういった事も借金に詳しい弁護士ならば詳しく教えてくれるので、まずは相談に行ってみましょう。