MENU

主婦が借金した場合の返済方法

パートでもアルバイトでも、仕事を持っている場合の主婦の場合は、銀行でも、消費者金融やクレジットカードのキャッシングのような貸金業の金融機関からでも、カードローンで借金の申し込みができます。

 

返済方法は、クレジットカードのキャッシングでは、翌月一括払いが基本ですが、多く借りすぎて一括での支払いがきつい場合には、コールセンターに連絡をして毎月定額にできるリボ払いに変更することも可能です。消費者金融の場合は、基準の日の残高により金額が決定するリボ払いによる返済方法となります。

 

専業主婦の賢い借金と返済方法

専業主婦の場合は、収入がないため、借金をするなら、総量規制適用外で、専業主婦の申し込みを認めている銀行や信用金庫のカードローンとなります。口座が必要となる場合がありますので、注意しましょう。

 

返済は、消費者金融と同様にリボ払いができますが、金利が低めで、月々の返済がし易い金額となっていることが多いです。借入額限度額が少なめなので、計画的に利用すれば、お小遣いの中から捻出しやすい金額でしょう。

 

多めに借りたい場合は、夫の承諾書や収入証明書が必要だったり、勤務先に在籍確認が入る場合があります。借金の額が多ければ、金利は低くても、月々の返済額が大きくなりますし、夫に内緒で借金したり、返済をしたい方には向かないことがあります。

 

借金を返済するには、銀行口座を登録して、所定の日に自動引き落としとするか、ATMから入金手続きするか、借入先の口座に振り込みをするかいずれかの方法となります。借入期間を短縮すれば、支払う利息が少なくなりますので、余裕がある時に、ATMや振り込みから随時返済をするといいでしょう。